OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報メディア学科 図形情報研究室


手のジェスチャの操作による直感的な形状モデラ
「百聞は一見にしかず」といわれるように、文字よりも図形、画像のほうが情報量が多く、コミュニケーションするメディアとして優れています。人と人だけでなく、人と機械や情報システムとのコミュニケーションもこれらのメディアを用いて行う方が人に優しい自然なインタフェースとなります。そこで研究室では図形や画像をコンピュータで処理するための様々な手法を開発しています。たとえば、簡単かつ直観的に三次元モデルをコンピュータに入力できる技術、コンピュータ内にある三次元モデルをリアルかつリアルタイムに表示する技術などを研究しています。また、三次元モデルを画面に表示するだけでなく、実物として高速に出力する3Dプリンタの応用研究にも力を入れています。


手のジェスチャの操作による直感的な形状モデラ

主な研究テーマ

  • 3Dスキャナで計測された点群データを用いた次世代の三次元CADの研究
  • HMDを用いた仮想現実感の研究
  • 3Dプリンタに関する研究
  • プロジェクションマッピング作成支援システムの開発
  • コンクリート壁面のクラック自動検出などの画像認識技術の研究

指導教員

小堀 研一 教授 (コボリ ケンイチ)

専門分野

  • コンピュータグラフィックス
  • CAD
  • 画像処理
  • バーチャルリアリティ

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content