OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報メディア学科 三次元画像処理研究室


立体ブロックの組み立てナビゲーション
3次元の画像や形状に関する情報をどのように取り扱えば良いかを研究しています。また、これらの情報を効率良く扱う方法の研究や、その特性を利用したアプリケーションの開発を行っています。


立体ブロックの組み立てナビゲーション

主な研究テーマ

  • 画像をもとにした実空間の認識
  • 立体センサーと立体視表示の応用
  • 立体画像の保存と応用

指導教員

西尾 孝治 准教授 (ニシオ コウジ)

専門分野

  • コンピュータグラフィックス
  • 画像処理

教員メッセージ

これまでCG技術は画面やスクリーンに映像を映すことを目的として利用されてきました。最近では立体形状を読み取る3Dセンサーや、人体動作を認識するモーションキャプチャシステム、専用メガネを必要としない3Dモニタが開発されるなど、現実世界とより深くつながる複合的な技術へと変わってきています。そこで、これらの技術を用いたより便利なCG、画像処理技術の利用方法を提案していきたいと考えています。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content