学科紹介

ロボット工学科 ROBOTICS

近年のロボット技術、認知科学分野の発展により、人の行動や意思を推測し、人とともに働くようなロボットの開発が可能な時代となってきました。ロボット工学科では、最先端の科学技術とデザイン思考を取り入れたカリキュラムを編成。機械・電気電子・情報を融合したメカトロニクス技術とデザイン思考を活用し、人々の暮らしに目を向けられるエンジニアを育成します。

ロボット工学科

システムデザイン工学科 SYSTEM DESIGN

人間中心の視点から、社会や人々の生活をより良くするため、IoT※1 や AI※2 を活用したものづくりやサービスの創出をリードする次世代エンジニアを育成します。電気電子、機械、情報工学を基盤として、「デザイン思考」をコアとした演習や産学連携プロジェクトを通じてものづくりを行い、工学の楽しさを学びながら、同時に専門知識の重要性を理解します。
※1:モノのインターネット ※2:人工知能

システムデザイン工学科

空間デザイン学科 DESIGN&ARCHITECTURE

工学的技術を基礎に、デザインの本質的価値と意義を理解し、人間のための「もの」と空間の関わりを深く掘り下げる点が、空間デザイン学科の魅力です。豊富な実習、演習を通して、洗練された居住空間や使いやすい製品、空間イメージを表現する CG に至るまで、工学的思考を持ち優れたデザインを開発・創出できるデザイナーを育成します。

空間デザイン学科

共同型・学科横断型の教育について

ロボティクス&デザイン工学部では3学科の学生が共同で進める授業を通じて、それぞれの専門性を高めるだけでなく、双方の知識を身に付け、実践力を高める学びを提供しています。

学科横断科目の一例

デザイン思考実践演習
デザイン思考の活用は国際競争力強化のため、あらゆる応用分野で注目されています。
本講義では、具体的なユーザの課題を設定し、その課題を解決するためのチーム単位のデザイン思考実践演習を行います。その中で幅広い工学的手法による試作を行い、少人数のゼミ形式で、各グループにてデザイン思考の方法論を実践しながら課題把握、アイデア生成、2回以上のプロトタイピング、そしてプレゼンテーションまでを体験し、チームとしての活動の基礎を学んでいきます。
基礎情報処理
本講義では、社会で必須となるICT活用の基礎的なスキルと知識を学びます。学生全員が個人のノートPCやタブレットを利用する「BYOD(Bring Your Own Device」で授業を実施しています。WindowsやMacOSといったOS(オペレーティング・システム)に依存することなく、全員が同時に自分の使い慣れたPCで文章作成や表計算、プレゼンテーション資料の作成、セキュリティや情報関係の基礎を学習していきます。また、授業資料の閲覧、課題の提出や宿題も全てインターネット上で行うなど、最新のICTを「日常の道具」として使いこなすスキルも習得します。