大阪工業大学ロゴ
天然甘味料ステビオシドを原料とする抗HIV活性物質の合成に関する論文が掲載されました!
2018年1月18日 17:16

J. Org. Chem.誌に"Syntheses of (−)-Tripterifordin and (−)-Neotripterifordin from Stevioside"が掲載されました。天然甘味料であるステビオシドから,抗HIV活性をもつ化合物を短段階で合成する方法に関する論文です。

J. Org. Chem. 201883 (3), 1606-1613.