大阪工業大学ロゴ
ヤマブシタケ由来の活性物質に関する全合成と構造活性相関の論文が掲載されました!
2018年3月28日 17:28

Tetrahedron Lett.誌に"Total syntheses and endoplasmic reticulum stress suppressive activities of hericenes A−C and their derivatives"が掲載されました。ヤマブシタケ子実体に含まれる活性物質であるヘリセン類とその誘導体の全合成と構造活性相関に関する論文です。

Tetrahedron Lett. 2018, 59 (18), 1733-1736.