研究室・教員

合成化学領域 領域紹介サイトはこちら

合成化学領域では、無機化学、有機化学、高分子化学の分野にとらわれず「合成」をキーワードに錯体、高分子、触媒の合成とその応用について研究しています。特にできるだけ自然環境に負荷を与えない循環型社会を目指し、化学技術の発展に貢献できるよう取り組んでいます。

配位化学研究室
教授 野村 良紀
研究室詳細
有機高分子研究室
准教授 下村 修
研究室詳細
触媒有機化学研究室
准教授 大高 敦
研究室詳細

有機機能化学領域 領域紹介サイトはこちら

有機機能化学領域は,有機合成化学および構造有機化学に基づいた新物質創製を推進し,応用化学を切り開く,優れた新機能を探究します。
本領域では,量子化学計算を駆使した機能性分子のデザイン,合理的な有機合成ルートの開発,分子間相互作用の制御,電子・固体物性の解明などの基礎化学を重視しつつ,高分子材料,有機―無機ハイブリッド材料の創製にも広く展開し,環境・エネルギーなどの課題解決に貢献する研究を目指します。

超分子研究室
教授 村岡 雅弘
研究室詳細
エネルギー変換物質化学研究室
准教授 村田 理尚
研究室詳細

高分子材料化学領域 領域紹介サイトはこちら

高分子材料化学領域では、高分子化学、界面化学を学術基盤とし、接着・粘着、有機無機コンポジット、刺激応答性高分子、ソフト分散体(エマルション、泡、リキッドマーブル)、ナノ粒子を含むソフトマテリアルの研究を推進しております。既存の材料では達成できない優れた機能を有する高分子材料の創出、さらにその機能発現のメカニズムの解明を目的としております。

複合材料研究室
教授 中村 吉伸
研究室詳細
微粒子材料研究室
教授 藤井 秀司
研究室詳細
材料創造化学研究室
特任准教授 平井智康
研究室詳細

無機材料化学領域

 無機材料化学領域の研究室では、二次電池やキャパシタあるいは太陽電池等の蓄エネルギーデバイスや創エネルギーデバイスに関する機能性材料の研究を行っています。理論に基づく材料合成と評価技術により、優れた材料やデバイスの開発を通じて、現在の高度情報化、環境調和型社会の発展に貢献することを目指しています。

エネルギー・ナノ材料研究室
教授 棚橋 一郎
研究室詳細
無機光化学研究室
准教授 東本 慎也
研究室詳細
エネルギー機能材料研究室
特任講師 松田 泰明
研究室詳細

分子認識化学領域 領域紹介サイトはこちら

分子認識化学領域では、センシング機能の発現を研究の核とし、デバイス化までの総合的な研究を展開しています。社会の求める実用的センサー(特に臨床・環境分野における要望が高いケミカルセンサー)の開発を目指し、分析化学および認識化学をはじめとする物性化学・有機化学・無機化学・電気化学などにまたがる分野融合型の研究を行っています。

認識・物性解析研究室
教授 森内 隆代
研究室詳細
環境分析研究室
准教授 藤森 啓一
研究室詳細

物質生命化学領域 領域紹介サイトはこちら

物質生命化学領域では、日々の生活や健康に役立つ分子の合成や機能を追究しています。機能物質合成研究室(益山教授)では、新しい界面活性剤や酸化反応システムの開発、天然物化学研究室(小林准教授)では、生理活性を発揮する天然物の全合成や環境に配慮した有機合成反応の開発、などの研究を推進しています。

機能物質合成研究室
教授 益山 新樹
研究室詳細
天然物化学研究室
准教授 小林 正治
研究室詳細