ABOUT 概要

本学では、2007年から学部・学科横断型で「大阪工業大学・電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト(愛称:PROITERES<プロイテレス>)に取り組んできました。小型人工衛星「PROITERES」は一辺30センチの立方体で、最大の特徴は、電気エネルギーを使う「電気推進ロケットエンジン」を搭載していることです。多くの企業の協力をいただき、学生たちが中心となって研究・製作した小型人工衛星が、2012年9月9日、インド宇宙研究機関サティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げられました。

MISSIONS ミッション

電気推進ロケットエンジンの噴射イメージ

「電気推進ロケットエンジン」による
小型衛星では初の動力飛行

(地球低軌道から軌道上昇をロケット連続噴射により達成)

淀川流域の観測イメージ

高解像度カメラによる淀川流域の環境観測

spec 外観

質量: 14.5kg
サイズ: 290mm×290mm×290mm(伸展ブーム展開前)
高度: 約660km
開発開始: 2007年4月
衛星寿命: 1年以上
使用ロケット: PSLV C-21(インド)
打ち上げ: 2012年9月

衛星から発信されている実際のビーコン信号を聞く

外観

PHOTO GALLERY

振動試験を行ったフライトモデル

振動試験を行ったフライトモデル

熱試験中のプロイテレス

熱試験中のプロイテレス

ロケット搭載前の最終チェック作業をするメンバー

ロケット搭載前の最終チェック作業をするメンバー

PSLV C-21搭載用インターフェースリング接続試験

PSLV C-21搭載用インターフェースリング接続試験

インターフェースリング接続試験後の記念撮影

インターフェースリング接続試験後の記念撮影

衛星への電波送信用アンテナ取りつけ作業

衛星への電波送信用アンテナ取りつけ作業

ロケットへの搭載

ロケットへの取りつけ作業

ロケットへの搭載

ロケットへの搭載

ロケットへの搭載

搭載後のプロイテレス

テスト風景

クリーンルームでの記念撮影

打ち上げの様子

打ち上げの様子

打ち上げの様子

ロケットを見上げるメンバー

打ち上げの様子

宇宙センター出口ゲート近くで見守るメンバー

受信中画面

衛星の現在地確認

ページの上部へ

大阪工業大学