OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

機械工学科 流体機械研究室


自分で製作したターボ機械で活発な研究活動
ターボ機械にはジェットエンジンなどのガスタービン、発電用の風車、液体ロケットエンジンに使用される高速小型ポンプ、ターボチャージャー用の圧縮機、トンネル換気にも使われる送風機など多くの種類があります。これらについて実験や解析を行って、性能向上や異常現象の解決手法に関する研究を行っています。実際に羽根車を設計し、3D CADで製図し、流体解析を行い、3Dプリンターで製作し、実験して結果を論文にまとめます。計測や解析には企業で使用している高精度な計測装置やソフトウェアを使用しています。これらを用いた研究により、企業に評価される研究成果が生み出されています。


自分で製作したターボ機械で活発な研究活動

主な研究テーマ

  • 高温ガスタービン、蒸気タービン高負荷翼の損失低減と熱伝達に関する研究
  • ターボチャージャ用圧縮機のサージ現象に関する研究
  • インデューサ付ポンプのキャビテーション性能及び2相流ポンプの研究
  • 風車の性能向上と風レンズに関する研究
  • 送風機、圧力扇の効率向上と騒音低減に関する研究

指導教員

川田 裕 教授 (カワタ ユタカ)

専門分野

  • ターボ機械
  • キャビテーション
  • サージング、旋回失速
  • ターボ機械の性能向上
  • CFD(数値流体解析)

教員メッセージ

ターボ機械は流体を扱う機械の中で最も難しい機械です。この理由は設計したり実験するのに、流体技術以外にも多くの専門技術を理解して取り組む必要があるためです。当研究室では細心の注意が必要となる高速回転の実験、高精度が要求される計測、実験条件の設定に必要とされる微妙な調整、これまでに実施例のない解析、高い研究目標(効率、性能)など、チャレンジする内容は非常に多く準備されています。

在学生メッセージ

本研究室では普段あまり馴染みはないが重要なターボ機械について学ぶことができます。私たちの生活を支えるターボ機械には流体力学が使用されており、パソコン上のシミュレーションや製作した実験装置で実験を行なうことで、授業だけでは十分に理解出来ない現象についてよく理解することができます。また、本研究室では企業との交流や共同研究が盛んで、最先端の技術や社会でこれから必要となる技術についてよく知ることができます。実際に企業と協力して研究を行なっているため,社会へ出て必要とされる実力を付けることが出来、非常にやりがいのある研究室であると思います。

この研究がかなえる未来

本研究室では企業との共同研究を重視しており、社会に役に立つ成果を出すのを
目標に研究をしています。これまでに成果も多数出ており、国内外の学会で発表しています。
研究では、与えられた課題に対する解決方法検討や事前の予想と実験での相違点の検討
などの体験を通じて、解決策の立案、実験での確認などの多くの経験をします。これらは
社会に出て真に役に立つ経験です。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content