OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電気電子システム工学科 パワーエレクトロニクス研究室


パワーエレクトロニクス研究室メンバーと主な研究テーマ
「パワーエレクトロニクス」とは、大電流・高電圧をスイッチングできるパワー半導体を用いて電力エネルギーを自在に変換して利用する技術分野です。本研究室では、このコア技術として「パワー半導体」そのものを進化させて使いこなす技術や、さまざまな周波数の電力を高い効率でつくりだせる新しい「インバータ」の研究を進めています。また応用技術として、電気自動車の「ワイヤレス(非接触)充電システム」や、「瞬間充電型の電動スクータ」などを開発。住宅と車の電力を無線でつないで家全体のエネルギーの効率化と安定化を図る「次世代スマートハウス」構想など、社会生活におけるエネルギー利用の革新をめざした研究を展開しています。


パワーエレクトロニクス研究室メンバーと主な研究テーマ

主な研究テーマ

  • 電気自動車のワイヤレス(非接触)充電システム
  • 家と車の電力を無線で一体化した次世代スマートハウス
  • 瞬間充電型キャパシタ電動スクータ
  • 家庭内ワイヤレス(非接触)給電システム
  • 次世代パワー半導体

指導教員

大森 英樹 教授 (オオモリ ヒデキ)

専門分野

  • パワーエレクトロニクス
  • パワー半導体応用
  • 高周波インバータ
  • 電磁気応用
  • 家庭内電力利用機器

教員メッセージ

研究に取り組んでいるスマートエネルギーシステムやワイヤレス充電、電動モバイル、新形パワー半導体応用やインバータに関わる技術は、未来の生活に快適なエネルギー環境を提供する鍵となるテーマで技術者冥利につきる分野です。
皆さん一人ひとりが将来、人生で技術する喜びを味わい、社会に自分が生きた証を残してほしいと思います。いろいろな製品の研究開発をしてきた企業経験を背景に、皆さんに伝えたいことがたくさんあります。研究と実物大のものづくりを楽しみながら、将来武器となる力とセンスを身につけましょう。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content