OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報知能学科 応用数理研究室


数学パズル・ゲームの実演
ギャンブラーの相談事がきっかけで誕生した確率論は、20世紀に入りランダムな現象一般を取り扱う基礎理論として飛躍的に発展しました。そして、そこから生まれた種々の新手法・新技術は最近の科学技術の発達にも著しい貢献をしています。その一例であるカルマン・フィルタは、ランダムな雑音に乱された時系列の状態推定やパラメータ推定を行う一技法ですが、宇宙・航空工学を始め、制御、通信などの工学の諸分野のみならず、医学や社会科学など幅広い分野に活発に応用され続けています。本研究室では、カルマン・フィルタなど情報科学と関係の深い統計的手法の開発・応用についての研究を行っています。


数学パズル・ゲームの実演

主な研究テーマ

  • ランダムな現象の数学モデルの理論的考察とそのシミュレーション
  • 統計的データ解析手法の開発および現実の諸問題への適用

指導教員

谷川 明夫 教授 (タニカワ アキオ)

専門分野

  • 応用数学
  • 応用確率論

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content