OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報知能学科 情報メディア工学・教育工学研究室


コンピュータの内部動作を確認できるシミュレータ
情報メディア工学および教育工学に関する研究を行っています。具体的には、下記のような研究テーマを中心として、配属学生の適性に応じた研究指導をしています。とくに自分で考えたアイデアをきちんと文書化し、仲間同士で検討をすすめ、実際に手を動かしてものづくりをする、さらにその成果物を評価するというプロセスを体験してもらうことに留意しています。
また、3年次のゼミ生には、毎回のプレゼンテーションをはじめとして、きちんとした文書の作成方法、サーバ構築演習などの基礎技術を身につけてもらうようにしています。情報処理技術者試験(基本情報、応用情報など)の資格取得にも力を入れています。


コンピュータの内部動作を確認できるシミュレータ

主な研究テーマ

  • フィジカルコンピューティングを意識した学習教材の開発
  • PCやタブレットで使う教育システムや学習教材の開発
  • 初学者向けプログラミング教育の内容や方法の研究
  • データマイニングに関する研究
  • 情報科学教育・情報倫理教育の内容や教育方法の調査研究

指導教員

中西 通雄 教授 (ナカニシ ミチオ)

専門分野

  • 情報工学
  • 教育工学
  • 技術者倫理教育

教員メッセージ

 情報科学部という名前を見て、WordやExcelの使い方を勉強するところと思う人はいないと思います。たしかに本学部では、情報科学の基礎やアルゴリズムをみっちり勉強して、正統的なソフトウェア開発をできるように学習します。Wordなどの使い方も少しだけ学びますが、情報のプロとして使いこなすスキルは自分で身につけるものです。
 このゼミでは、冒頭に書いたような研究に対して、みずから立ち向かっていく姿勢を大切にしています。OSをインストールし、LANケーブルを作成・接続し、ソフトウェア開発環境を整えるのは、卒研に配属されて最初にする作業です。また自分がゼミに対してどういう貢献ができるかを考え、実行することも大事なことです。あなたもこのゼミで研究してみませんか。

在学生メッセージ

 私たちの研究室では、主にソフトウェアについての研究を行っています。特に、ソフトウェアを用いて教育の支援をする研究が中心です。用いている技術のキーワードとしては、皆さんご存知のAndroid、iOSアプリ、Web、SNSなどがあります。研究以外の活動では、3・4年生と大学院生全員で、年1~2回の合宿、お好み焼き・たこ焼きパーティー、ボウリング大会なども行っています(もちろん研究時間とは別の時間に楽しんでいます)。
 オープンでウェルカムな研究室なので、皆さんも大阪工業大学の一員になったら、
ぜひ遊びに来てください!

この研究がかなえる未来

 「みずから研究テーマを立案し、研究環境づくり、設計、試作、評価、改良という開発プロセスを計画的に進めていけるような人材」を育成することをめざしています。教育に関連した身近な研究テーマが多いので、あまり派手さはありませんが、社会に出て技術者として活躍するための基本的能力を養うには、適切なことと考えています。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content