OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

建築学科 建築設計


古建築を活用した建築を巡る広島へのゼミ旅行
私の研究室では、大学と実社会を往復し、専門家や役所の方と協働しながら、建築を通した社会の在り方を提案する実践的な取り組みに力を入れています。徳島県の佐那河内村役場と連携し、古民家の再生を通して村の活性化につなげるプロジェクト、東日本大震災で被災した漁村の高台移転先の集会所の設計、バングラデシュのNPOと協働して、サイクロン(大型台風)が来たときに避難するシェルターの設計等を行っています。


古建築を活用した建築を巡る広島へのゼミ旅行

主な研究テーマ

  • 災害後の復興公営住宅の地域性を反映する設計プロセス
  • 古民家等の地域固有の資源を活かしたまちづくり
  • バングラデシュのサイクロンシェルターの設計
  • 大阪の水辺空間を活性化させるランドスケープの設計

指導教員

前田 茂樹 准教授 (マエダ シゲキ)

専門分野

  • 建築設計
  • まちづくり
  • 災害復興支援
  • ランドスケープ

教員メッセージ

私が建築家を志したきっかけは高校の先生に勧められた一冊の書籍でした。数年後、大学を経てフランスに渡り、パリの設計事務所で11年間、全く日本と違う文化の中で建築設計に携わることになりました。建築は言語や習慣の壁を超えて、海外で設計を仕事にできる可能性を持っている分野です。本学部では、海外でのインターン推奨制度、交換留学支援や、皆で建築見学をする研修旅行もあります。学生の時のきっかけは、生涯の仕事に繋がります。まずは、図書館で建築の書籍を探してみましょう。

在学生メッセージ

この研究室では、建築家でもある前田先生と一緒に設計をすることを通して、リアリティのある実践的な設計やデザインが学べます。研究室では、先生と先輩・後輩がゼミ室でお互いに意見を交わし切磋琢磨していますが、皆で建築やまちづくりの事例を見学する旅行にも一緒に行きます。また、他の大学との合同演習や夏合宿、ワークショップを通した活動が多いことも、この研究室の魅力のひとつです。皆で一緒に楽しんで学んでいきましょう。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content