学科紹介:生命工学科(生命科学、医工学を学ぶ)

教員LETTER

一覧はこちら

もっと詳しく知りたい方は
生命工学科 専用サイトへ

OIT研究室ナビ

このページの先頭へ

学科の特徴

生命工学の知見が産業の進歩につながります。

Features 01

遺伝子工学など
最先端の知識を修得

生命科学、医工学、食品分野を専門とする教員をそろえ、最先端の研究を展開。作物の品種改良や病気の治療にも役立てられる遺伝子組換え技術など、今後もさらに技術応用の可能性が広がる分野を中心に学びを深めます。


Features 02

目標に応じて選ぶ
2つの履修モデル

将来の目標に応じて選択できる2つの履修モデルを設定しています。生命科学モデルでは、遺伝子工学・再生医療・食品工学などへの応用を意識しながら、生命科学関連分野を学びます。医工学モデルでは、医療福祉機器、人工臓器、バイオセンサーなどへの応用を意識しながら、工学関連分野を学びます。


Features 03

専門知識を体験的に学ぶ
ローテーション実験

学生が少人数のグループで研究室をまわり、さまざまな実験を行うローテーション実験を通じて、遺伝子組換え・化合物の合成・計測技術・食品加工などの生命工学に関わる専門分野を体験的に理解します。


このページの先頭へ

教員紹介

客員教授 教授 准教授
久寶 真一/神経科学 芦高 恵美子/分子生体機能学 宇戸 禎仁/バイオエレクトロニクス
中島 利博/分子生物学 大島 敏久/応用微生物学 外波 弘之/ナノメディシン
西村 博/化粧品学 金籐 敬一/バイオエレクトロニクス 長森 英二/生物プロセス工学
丸山 征郎/血栓制御学 川原 幸一/機能性食品学  
寺井 忠正/生化学 藤里 俊哉/バイオマテリアル 講師
宮田 敏行/分子病態学 松村 潔/生理学 大森 勇門/食品微生物学
客員准教授 吉浦 昌彦/生物物理  
大植 弘義/タンパク質工学    

このページの先頭へ

カリキュラム

基幹科目
  • 生物実験
  • 化学実験
  • 医工学実験
  • 基礎ゼミナール
  • 生命工学PBL I
  • 生命工学PBL II
  • 生命工学ゼミナール
  • 生命工学研究ゼミナール I
  • 生命工学研究ゼミナール II
  • 医用情報処理
  • キャリアデベロップメント
  • 工学英語
  • 生命数学演習
  • 生命物理演習
  • 人体生理学 I
  • 人体生理学 II
  • 生化学 I
  • 生化学 II
  • 電気工学基礎
  • 微生物学
  • 無機化学
  • 有機化学 I
  • 有機化学 II
  • 遺伝子工学
  • 技術史
  • 公衆衛生学
  • 細胞生物学
  • 食品衛生学
  • 食品化学
  • 食品化学工学
  • 食品加工学
  • 生産技術
  • 先端技術論
  • バイオエレクトロニクス
  • バイオメカニクス
  • 分析化学
医工学系
  • 医工学概論
  • 高分子工学
  • 人工臓器
  • 生体システム工学
  • 生体物性工学
  • 生命計測工学
  • バイオマテリアル
  • バイオレオロジー
生命科学系
  • 医薬概論
  • 応用微生物学
  • 機能性食品学
  • 細胞・組織工学
  • 生物情報工学
  • 生物物理学
  • タンパク質工学
  • バイオイメージング
卒業研究    

赤文字は必修科目青文字は選択必修科目

このページの先頭へ

生物の働きを探究し技術革新に生かす力をつける注目の授業!

細胞生物学

細胞生物学

細胞の仕組みや働きを知り、生命現象との関連を理解

生命の基本単位である細胞のさまざまな活動は、個々の細胞およびそれを構成する分子のダイナミックな機能によるものです。この授業では、細胞の構成やさまざまな働きについて学び、生命現象のしくみを分子レベルで理解することをめざします。


バイオマテリアル

バイオマテリアル

再生医療の可能性を広げる、生体材料について学ぶ

「バイオマテリアル」は、主に人の生体に移植することを目的とした素材で、現在の医療分野で幅広く使用されているほか、研究開発が進む「再生医療」においても重要な分野です。この授業では、生体適合性などの特性やバイオマテリアルを用いた医療用具などについて学びます。


バイオテクノロジー

バイオテクノロジー

DNA、RNAの基礎知識から応用技術まで修得

DNA、RNA、タンパク質などの生体関連物質の基礎を理解するとともに、それらの生体関連物質の活用や今後の展望について学びます。また、DNAの基本構造と性質、遺伝子組換え技術や、RNAの基本構造と性質、遺伝子工学、遺伝子治療などについても学びます。


人工臓器

人工臓器

現代医療に不可欠な人工臓器や医療機器について学ぶ

病気によって臓器の機能を失った場合や、治療のため一時的に臓器の機能を停止させる必要がある場合には、一時的もしくは永久に生体の機能を代行する機械「人工臓器」が必要です。この授業では、人工の心臓や肺、血管などの臓器や、病院で患者さんの生命を守る機器について学びます。


このページの先頭へ


【大宮キャンパス】〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1 工学部事務室:06-6954-4419
Copyright © Osaka Institute of Technology, 2008 All rights reserved.