学科紹介:電子情報通信工学科

教員LETTER

一覧はこちら

もっと詳しく知りたい方は
電子情報通信工学科 専用サイトへ

OIT研究室ナビ

このページの先頭へ

学科の特徴

快適・安全・安心な未来を創り出せる科学者・技術者を育成します。

Features 01
専門科目の授業風景

基礎から専門まで充実した実践的な学習
   

あらゆる電子情報通信技術や機器の理解につながる電子・情報・通信工学の専門分野をハードウェアとソフトウェアの両面から体系的に学ぶことができます。整備された教育カリキュラムにより産業界で求められる能力や知識が身につきます。これらの学びを通じて、自身の将来像を明確に描けます。


Features 02
透明トランジスターの開発

未来に挑戦する様々な研究
   

電子システム系、情報システム系、通信システム系の各研究室で、最先端の設備と機材を備えた環境で研究に取り組んでいます。身近な電子機器からカーエレクトロニクス、ロボット等への組込み機器を制御する高度なプログラムと回路の設計、快適な生活を支える高速無線通信や次世代ネットワーク技術、さらには、高出力レーザー、透明トランジスター、バイオセンサー、立体的な映像音響、拡張現実等に至るまで我々の未来を切り拓く研究ができます。


Features 03
過去5年間の業種別就職割合

幅広い進路の選択肢と手厚い就職支援
   

ハードとソフトの両面を学べるため、電気・電子・自動車メーカーをはじめ、情報通信、ソフトウェア、電気系設備工事、公務員と就職先は多岐に広がります。教員と就職部が連携した手厚い就職支援体制が整っていることや、年間の求人件数が2,000件(学科定員の20倍)を超えることから、毎年ほぼ100%の就職率を誇っています。大学院へ進学して、より高度な専門知識と研究能力を身につければ、研究者としてグローバル社会の第一線で活躍するチャンスも広がります。


このページの先頭へ

教員紹介

教授 客員教授
矢野 満明/半導体デバイス 八木 重典/レーザ工学
小寺 正敏/ナノテクノロジー  
周 虹/通信工学 准教授
西 壽巳/光エレクトロニクス 熊本 和夫/知的通信方式
西口 彰夫/シミュレーション工学 藤村 真生/メディア情報・図形情報処理
淀 徳男/植物工場・材料プロセス 奥 宏史/制御工学
原嶋 勝美/コンピュータ科学  
小林 弘一/電磁波工学  
神村 共住/レーザ工学  
小池 一歩/新機能デバイス  

このページの先頭へ

カリキュラム

基幹科目
  • 電子情報通信基礎演習
  • 電子情報通信実験 I
  • 電子情報通信実験 II
  • 電子情報通信実験 III
  • エレクトロニクスプラクティス
  • 電気回路 I
  • 電気回路 II
  • 電気磁気学 I
  • 電気磁気学 II
  • 基礎電子回路 I
  • 基礎電子回路 II
  • 固体エレクトロニクス I
  • コンピュータ基礎
  • コンピュータアーキテクチャ
  • 情報通信基礎
  • 電気回路 I 演習
  • 電気回路 II 演習
  • 電気磁気学演習
  • 電子回路演習
  • コンピュータ演習
  • プログラミング・同演習
技術人材育成・資格関連科目
  • 情報社会と倫理
  • 情報と職業
  • 電波・通信法規
エレクトロニクス系科目
  • 電気計測
  • 電気磁気学 III
  • レーザ工学
  • 光エレクトロニクス
  • 電気回路 III
  • アナログ電子回路
  • ディジタル電子回路
  • 電子回路設計
  • 固体エレクトロニクス II
  • 半導体デバイス基礎
  • 半導体デバイス工学
  • 量子エレクトロニクス入門
  • 制御工学
情報通信系科目
  • コンピュータシステム
  • コンピュータグラフィクス
  • メディア情報開発
  • ネットワーク設計
  • ディジタル信号処理
  • 伝送理論
  • 通信方式 I
  • 通信方式 II
  • ネットワーク工学
  • 電磁波工学
  • 無線通信工学
  • 情報理論
  • 映像・音響工学
卒業研究    

赤文字は必修科目

このページの先頭へ


【大宮キャンパス】〒535-8585 大阪市旭区大宮5丁目16-1 工学部事務室:06-6954-4419
Copyright © Osaka Institute of Technology, 2008 All rights reserved.