会則

大阪工業大学後援会会則

第1条(名称)

本会は、大阪工業大学後援会と称し、事務所を大阪工業大学内に置く。

第2条(目的)

本会は、大学の教育方針に則り大学と家庭との連絡を密にし、学生の厚生補導に関する事業の補助を中心に教育事業を援助するとともに、学園の発展に協力し、あわせて会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条(構成)

本会は、次の会員をもって組織する。

正会員

大阪工業大学および大阪工業大学大学院の在学生の保護者または保証人

第4条(事業)

本会は、第2条の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 学生の課外活動への援助
  2. 学生行事(大学祭等)への援助
  3. 大学行事(学位記授与式等)への援助
  4. 学生の就職についての協力援助
  5. 教育上必要な施設・設備に関する協力援助
  6. 教育上必要な家庭との連絡

    1. 大学広報誌の送付
    2. 学業成績表の送付
    3. 教育懇談会の開催
    4. 会報の発行・送付
  7. 育英に関する事業
  8. 会員相互の親睦のための必要な活動
  9. 国際交流事業への支援
  10. その他目的達成のための必要な事業

第5条(役員)

本会には、次の役員を置く。

  1. 会長 1名
  2. 副会長 5名
  3. 常任委員 学部・学科ごとに若干名
  4. 委員 学部・学科ごとに若干名
  5. 監事 2名

第6条(顧問)

本会に顧問若干名を置くことができる。

第7条(役員および顧問の選任)

第5条の役員および第6条の顧問の選任は、次のとおりとする。

  1. 会長、委員および監事は、総会で会員の中から選任する
  2. 副会長および常任委員は、委員の中から会長が指名する
  3. 顧問は、委員会の推薦により会長がこれを委嘱する

第8条(役員および顧問の任務)

役員および顧問の任務は、次のとおりとする。

  1. 会長は、この会を代表し、会務を統理し委員会および役員会の議長となる
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する
  3. 委員は、会務を審議する
  4. 常任委員は、会務を処理する
  5. 監事は、本会の会計を監査し必要に応じ会議に出席し、意見を述べることができる
  6. 顧問は、必要に応じ会議に出席し、会長の諮問に応じ、または意見を述べることができる

第9条(委員、役員および顧問の任期)

  1. 委員、役員および顧問の任期は1年とする。
    ただし、重任を妨げない。

第10条(機関)

  1. 本会には、次の機関を置く。

    1. 総会
    2. 委員会
    3. 役員会
  2. 総会は、本会の最高決議機関で定期総会および臨時総会とする。

    1. 定期総会は、毎年1回6月に会長が招集する
    2. 臨時総会は、委員会が必要と認めたとき会長が招集する
    3. 総会は、次のことを審議する

      1. 会則に関すること
      2. 予算・決算に関すること
      3. 会長・委員および監事の選任に関すること
      4. その他本会の目的に必要でかつ重要な事項に関すること
  3. 委員会は、会長、副会長、常任委員、委員で構成し総会につぐ決議機関として会長が招集する。

    1. 委員会は、次のことを審議する

      1. 総会から委任された事項
      2. 本会の事業
      3. 会則、細則等の制定および改廃
      4. 予算及び決算
      5. その他必要な事項
  4. 役員会は、会長、副会長および常任委員で構成し、会長が必要に応じて招集する。

    1. 役員会は、執行機関で次のことを行う

      1. 決議機関が決定した事項の執行に関すること
      2. 総会、委員会に提案する議案に関すること
      3. 会緊急に処理を必要とする事項の執行に関すること、ただし、必要な事項は、すみやかに委員会で承認を得なければならない
      4. 専門委員の選任
      5. その他、会務の執行に関する事項
  5. 委員会および役員会は構成員の過半数の出席がなければ議事を開き決議することができない。
    ただし、やむを得ない理由で会議に出席できない者は、所定の委任状によって出席し、議決に参加する権限を議長に委任することができる。
  6. 会議の議決は、出席者の過半数の同意によるものとし、可否同数のときは、議長がこれを決める。

第11条(会計)

  1. 本会の経費は、学園教育振興会の援助金・寄付金・その他の収入をもってあてる。
  2. 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

第12条(細則)

この会則の施行に関する細則は、別に定める。

第13条

この会則は、総会の決議により変更することができる。

付則

  1. 本会則、昭和59年9月29日から施行する。
  2. この改正会則は、2013年6月8日から施行し、2013年4月1日に遡及して適用する。