HomeProducts page

科研費 基盤研究(B) 採択 (2019--2023年度,課題番号19H01901)

2019年度,表記の科学研究費基金に採択されました.期間は5年.
本ページでは,成果を順次紹介します.

成果

1.研究論文
2.国際会議・研究会などでの研究発表
3.国内会議・研究会などでの研究発表
4.一般向け講演,対外活動など
5.その他の活動

ページトップへ

成果 (1.研究論文)

期日発表者タイトルなど
2019真貝,高橋H. Nakano, T. Narikawa, K. Oohara, K. Sakai, H. Shinkai, H. Takahashi, T. Tanaka, N. Uchikata, S. Yamamoto, T. S. Yamamoto, "Comparison of various methods to extract ringdown frequency from gravitational wave data", Physical Review D. 99 (2019) 124032 Link [arXiv:1811.06443] [pdf]
DOI: https://doi.org/10.1103/PhysRevD.99.124032; data release
2019高橋 K. Yanagisawa, D. Jia, S. Hirobayashi, N. Uchikata, T. Narikawa, K. Ueno, H. Takahashi, H. Tagoshi, "A time-frequency analysis of gravitational wave signals with Non-Harmonic Analysis", Progress of Theoretical and Experimental Physics, Vol.2019 No.6, pp.063F01-1-25 (2019). DOI: https://doi.org/10.1093/ptep/ptz043
2019真貝,伊藤,高橋KAGRA collaboration, "First cryogenic test operation of underground km-scale gravitational-wave observatory KAGRA", Classical Quantum Gravity 36 (2019) 165008 [arXiv:1901.03569] , DOI: https://doi.org/10.1088/1361-6382/ab28a9 [pdf]
2019鳥居藤元章,鳥居隆,他,「火星移住計画と太陽系ツアーをテーマにしたPBL型授業」 物理教育(物理教育学会),第67巻第4号(2019)p.261-265 https://doi.org/10.20653/pesj.67.4_261
2020伊藤S. Tsuchida, N. Kanda, Y. Itoh, and M. Mori, "Dark matter signals on a laser interferometer", Physical Review D. 101 (2020) 023005, Jan 2020, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.101.023005
2020真貝M. Takamoto, I. Ushijima, N. Ohmae, T. Yahagi, K.Kokado, H. Shinkai, and H. Katori, "A pair of transportable Optical Lattice Clocks for testing General Relativity on the ground", Nature Photonics (released online, Apr 7, 2020)
2020伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, "An arm length stabilization system for KAGRA and future gravitational-wave detectors" Classical and Quantum Gravity, Volume 37, Issue 3, id.035004, Jan 2020, https://doi.org/10.1088/1361-6382/ab5c95 , [arXiv:1910.00955]
2020伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, "Application of the independent component analysis to the iKAGRA data", Prog. Theor. Exp. Phys. 2020 (2020), 053F01, May 2020, Open Access, https://doi.org/10.1093/ptep/ptaa056 , [arXiv:1908.03013]
2020高橋N. Uchikata, T. Narikawa, K. Sakai, H. Takahashi, H. Nakano, "Black hole spectroscopy for KAGRA future prospect in O5", Physical Review D, Vol.102, pp.024007-1-13 (2020), July 2020, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.102.024007
2020伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, "Overview of KAGRA : KAGRA science" Prog. Theor. Exp. Phys. (2020) 05A103, August 2020, Open Access, https://doi.org/10.1093/ptep/ptaa120 , [arXiv:2008.02921]
2020伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, "Overview of KAGRA: Detector design and construction history" Prog. Theor. Exp. Phys. (2020) 05A101, August 2020, Open Access, https://doi.org/10.1093/ptep/ptaa125 , [arXiv:2005.05574]
2020伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, "Prospects for observing and localizing gravitational-wave transients with Advanced LIGO, Advanced Virgo and KAGRA", Living Reviews in Relativity volume 23, Article number: 3 (2020), Sep. 2020, Open Access, https://link.springer.com/article/10.1007/s41114-020-00026-9 , [arXiv:1304.0670]
2020高橋Hirotaka Takahashi, "Method of Gravitational Wave Search Based on Adaptive Time-Frequency Analysis and Machine Learning --Making waves in astrophysics--", Impact, Vol.2020, No.5, pp.43-45, Nov. 2020, https://doi.org/10.21820/23987073.2020.5.43
2021伊藤,高橋,真貝DECIGO collaboration, Current status of space gravitational wave antenna DECIGO and B-DECIGO, Prog. Theor. Exp. Phys. (2021) 05A105, Feb. 2021, Open Access https://doi.org/10.1093/ptep/ptab019 , [arXiv:2006.13545]
2021伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, Vibration isolation systems for the beam splitter and signal recycling mirrors of the KAGRA gravitational wave detector Class. Quant. Grav. 38 (2021) 065011, March 2021, https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-6382/abd922, https://doi.org/10.1088/1361-6382/abd922
2021真貝M. Bailes, B. K. Berger, P. R. Brady, M. Branchesi, K. Danzmann, M. Evans, K. Holley-Bockelmann, B. R. Iyer, T. Kajita, S. Katsanevas, M. Kramer, A. Lazzarini, L. Lehner, G. Losurdo, H. Lueck, D. E. McClelland, M. A. McLaughlin, M. Punturo, S. Ransom, S. Raychaudhury, D. H. Reitze, F. Ricci, S. Rowan, Y. Saito, G. H. Sanders, B. S. Sathyaprakash, B. F. Schutz, A. Sesana, H. Shinkai, X. Siemens, D. H. Shoemaker, J. Thorpe, J. F. J. van den Brand, and S. Vitale, "Gravitational-wave physics and astronomy in the 2020s and 2030s" Nature Reviews Physics 3, 344-366, (2021), April 2021, https://www.nature.com/articles/s42254-021-00303-8
2021伊藤,高橋,真貝KAGRA collaboration, "Overview of KAGRA: Calibration, detector characterization, physical environmental monitors, and the geophysics interferometer" Prog. Theor. Exp. Phys. (2021) 05A102, May 2021, Open Access, https://doi.org/10.1093/ptep/ptab018
2021伊藤 T Washimi, T Yokozawa, T Tanaka, Y Itoh, J Kume, and J Yokoyama, Method for environmental noise estimation via injection tests for ground-based gravitational wave detectors, Classical and Quantum Gravity, 38, 125005 , May 2021, https://doi.org/10.1088/1361-6382/abf89a
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Diving below the spin-down limit: Constraints on gravitational waves from the energetic young pulsar PSR J0537-6910, ApJL 913 L27, May 2021, https://doi.org/10.3847/2041-8213/abffcd, [arXiv:2012.12926]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Upper Limits on the Isotropic Gravitational-Wave Background from Advanced LIGO's and Advanced Virgo's Third Observing Run, Phys. Rev. D. 104, 022004 (2021), July 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.104.022004, [arXiv:2101.12130]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Constraints from LIGO O3 data on gravitational-wave emission due to r-modes in the glitching pulsar PSR J0537-6910, ApJ 922 71 (2021) May 2021, Open Access, https://doi.org/10.3847/2041-8213/abffcd, [ arXiv:2104.14417]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Constraints on cosmic strings using data from the third Advanced LIGO-Virgo observing run, PRL126, 241102 (2021), June 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevLett.126.241102, [arXiv:2101.12248]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Search for anisotropic gravitational-wave backgrounds using data from Advanced LIGO's and Advanced Virgo's first three observing runs, Phys. Rev. D. 104, 022005 (2021), July 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.104.022005, [arXiv:2103.08520],
2021高橋 M. Takeda, Y. Hiranuma, N. Kanda, K. Kotake, T. Kuroda, R. Negishi, K. Oohara, K. Sakai, Y. Sakai, T. Sawada, H. Takahashi, S. Tsuchida, Y. Watanabe, and T. Yokozawa, Application of the Hilbert-Huang transform for analyzing standing-accretion-shock-instability induced gravitational waves in a core-collapse supernova, Phys. Rev. D 104, 084063 (2021), October 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.104.084063
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Searches for continuous gravitational waves from young supernova remnants in the early third observing run of Advanced LIGO and Virgo, ApJ 921 80 (2021) , Nov 2021, Open Access, [arXiv:2105.11641]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Observation of Gravitational Waves from Two Neutron Star–Black Hole Coalescences, ApJL 915; L5 (2021), June 2021, Open Access, https://doi.org/10.3847/2041-8213/ac082e (2021)
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, All-sky Search for Continuous Gravitational Waves from Isolated Neutron Stars in the Early O3 LIGO Data, Phys. Rev. D. 104, 082004 (2021), Oct 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.104.082004, [ arXiv: 2107.00600]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, All-sky search for long-duration gravitational-wave bursts in the third Advanced LIGO and Advanced Virgo run, Phys. Rev. D. 104, 102001 (2021), Nov. 2021, https://doi.org/10.1103/PhysRevD.104.102001, [ arXiv: 2107.13796]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, All-sky search for short gravitational-wave bursts in the third Advanced LIGO and Advanced Virgo run, Phys. Rev. D. 104, 122004 (2021), Dec 2021, https://journals.aps.org/prd/abstract/10.1103/PhysRevD.104.122004, [ arXiv: 2107.03701]
2022伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Search for continuous gravitational waves from 20 accreting millisecond X-ray pulsars in O3 LIGO data, Phys. Rev. D. 105, 022002 (2022), Jan 2022, Phttps://doi.org/10.1103/PhysRevD.105.022002, [ arXiv:2109.09255]
2022真貝Patrick Brady, Giovanni Losurdo, Hisaaki Shinkai, "LIGO, VIRGO, and KAGRA as the International Gravitational Wave Network" Handbook of Gravitational Wave Astronomy (Springer, Feb 2022)  https://doi.org/10.1007/978-981-15-4702-7_51-1
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Constraints on dark photon dark matter using data from LIGO's and Virgo's third observing run, Phys. Rev. D. 105, 06030 (2022), March 2022, [arXiv:2105.13085]
2021伊藤,高橋,真貝LIGO-Virgo-KAGRA collaboration, Search for intermediate mass black hole binaries in the third observing run of Advanced LIGO and Advanced Virgo, A& A 659, A84 (2022), March 2022, https://doi.org/10.1051/0004-6361/202141452, [arXiv:2105.15120]
ページトップへ

成果 (2.国際会議・研究会などでの研究発表)

期日種別発表者タイトルなど
2019/6研究会真貝H. SHinkai, "Brief Introduction of KAGRA collaboration", The 6th KAGRA International Workshop, Wuhan, China, June 21 (Fri)- 23(Sun), 2019
2019/7国際会議真貝H. Shinkai, "Latest status of KAGRA』(in C3 session, invited) [talk pdf], GR22, Amaldi13, Valencia, Spain, July 7-13, 2019.
2019/7国際会議真貝H. Shinkai, "Comparison of various methods to extract ringdown frequency from gravitational wave data"(in C2 session, poster), [poster A0 pdf], GR22, Amaldi13, Valencia, Spain, July 7-13, 2019.
2019/8国際会議高橋Hiroyuki Hayashi, Kazuki Sakai, Hiroyuki Hamazumi, Hirotaka Takahashi, Yuto Omae, "A Basic Study of Noise Reduction on the Analysis of Burst Gravitational Waves by Direct and Parallel Denoising Autoencoder", the 14th International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC2019) in Seoul, Korea, p.97, August 26-29, 2019.
2019/9国際会議真貝H. Shinkai, "Status of KAGRA"[slide pdf], LIGO-Virgo collaboration meeting (or here) at Warsaw, Poland, September 2019.
2019/10国際会議真貝 H. Shinkai, "Ring-down GW wave search using Auto-Regressive model"[poster pdf], YITP long-term workshop "Multi-Messenger Astrophysics in the Gravitational Wave Era" at Kyoto U, October 2019.
2019/10国際会議真貝 H. Shinkai, "Ring-down waveform extraction by Auto-Regressive approach" [poster pdf], Gravitational Wave Physics and Astronomy Workshop, The University of Tokyo, October 14-17, 2019.
2019/10国際会議高橋 M.Takeda, R.Negishi, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Data Analysis of Gravitational Waves from the SASI mode in a Core Collapse Supernova with Hilbert-Huang Transform", Gravitational Wave Physics and Astronomy Workshop, The University of Tokyo, October 14-17, 2019.
2019/10国際会議高橋 R.Negishi, M.Takeda, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Extraction of gravitational waves from SASI with Hilbert-Huang Transform", Gravitational Wave Physics and Astronomy Workshop, The University of Tokyo, October 14-17, 2019.
2019/10国際会議高橋 M.Takeda, R.Negishi, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Data Analysis of Gravitational Waves from the SASI mode in a Core Collapse Supernova with Hilbert-Huang Transform", Multi-dimensional Modeling and Multi-Messenger observation from Core-Collapse Supernovae (4M-COCOS), in Fukuoka, Fukuoka University, October 21-24, 2019.
2019/10国際会議高橋 R.Negishi, M.Takeda, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Extraction of gravitational waves from SASI with Hilbert-Huang Transform", Multi-dimensional Modeling and Multi-Messenger observation from Core-Collapse Supernovae (4M-COCOS), in Fukuoka, Fukuoka University, October 21-24, 2019.
2019/11国際会議高橋 M.Takeda, R.Negishi, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Data Analysis of Gravitational Waves from the SASI mode in a Core Collapse Supernova with Hilbert-Huang Transform", The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan (JGRG), Kobe University, November 25-29, 2019.
2019/11国際会議高橋 R.Negishi, M.Takeda, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Extraction of gravitational waves from SASI with Hilbert-Huang Transform", The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan (JGRG), Kobe University, November 25-29, 2019.
2019/11国際会議伊藤 Y. Itoh, "Status of KAGRA", The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan (JGRG), Kobe University, November 25-29, 2019.
2019/11国際会議真貝 H. Shinkai, "Auto-regressive approach to find ring-down gravitational wave", The 29th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan (JGRG), Kobe University, November 25-29, 2019.
2020/3国際会議真貝 H. Shinkai, "Status of KAGRA" [slide pdf], LIGO-Virgo-KAGRA collaboration meeting (or here) in remote style.
2020/12国際会議 招待講演真貝 H. Shinkai, "Gravitational wave and test of general relativity" [slide pdf], The 7th Korea-Japan Workshop on Dark Energy: Maeda's Universe in remote style.
2020/12国際会議真貝 H. Shinkai, "Status of KAGRA" [slide pdf], The 7th KAGRA International Workshop (KIW7), National Central University,Taipei, Taiwan, December 18-19, 2020 (online presentation).
2020/12国際会議高橋 M.Takeda, R.Negishi, Y.Watanabe, Y.Hiranuma, K.Oohara, N.Kanda, T.Kuroda, K.Kotake, K.Sakai, Y.Sakai, T.Sawada, H.Takahashi, T.Takiwaki, S.Tsuchida, K.Hayama, T.Yokozawa, "Data analysis of GWs from core-collapse supernova with Hilbert-Huang Transform",   The 7th KAGRA International Workshop (KIW7), National Central University,Taipei, Taiwan, December 18-19, 2020 (online presentation).
2020/12国際会議高橋 G. Ueshima, K. Kokeyama, C. Kozakai, S. Oshino, Y. Shikano, H. Takahashi, T. Uchiyama, T. Washimi, T. Yamamoto, T. Yokozawa, "Development of Unsupervised-Learning Based Glitch Classification System", The 7th KAGRA International Workshop (KIW7), National Central University,Taipei, Taiwan, December 18-19, 2020 (online presentation).
2021/7国際会議 招待講演真貝 「Gravitational Wave Physics & Astronomy, Status of KAGRA」Cosmology from Home 2021 スライドpdf
2021/12国際会議高橋 Yusuke Sakai, Yosuke Itoh, Piljong Jung, Chihiro Kozakai, Katsuko T. Nakahira, Shoichi Oshino, Yutaka Shikano, Hirotaka Takahashi, Takashi Uchiyama, Gen Ueshima, Tatsuki Washimi, Takahiro Yamamoto, Takaaki Yokozawa, "Unsupervised Deep Learning for Classification of Transient Noise", 2021 Gravitational Wave Physics and Astronomy Workshop (GWPAW2021)
2021/12国際会議 招待講演真貝 「LIGO-Virgo-KAGRA network for hunting gravitational waves」at JGRG 30 at Waseda Univ スライドpdf
ページトップへ

成果 (3.国内会議・研究会などでの研究発表)

期日種別発表者タイトルなど
2019/6セミナー真貝重力波研究交流会「 "INO: Interplanetary Network of Optical Lattice Clocks"」slide pdf, 2019/6/22
2019/9研究会伊藤 J. Kume, T. Sekiguchi, S. Morisaki, Y. Itoh, and J. Yokoyama, "Application of the independent component analysis to the iKAGRA data", New Innovative Area Workshop 2019 Early Summer, Osaka City University, Osaka, 2019/6/29
2019/9研究会高橋 森雅也, 中平勝子, 高橋弘毅, 田中貴浩, "ノイズに埋もれた微小信号波形の検出への変分オートエンコーダを用いた異常検知の応用", 第18回情報科学技術フォーラム (A-009), 岡山大学 津島キャンパス, 2019/9/4.
2019/9国内学会真貝真貝寿明,自己回帰モデルを用いた重力波データ解析(2):LIGO/Virgo O2までのカタログデータの解析" [slide pdf]日本物理学会(秋), 山形大学 小白川キャンパス, 2019/9/20.
2019/9国内学会高橋武田芽依, 渡邊幸伸, 平沼悠太, 大原謙一, 神田展行, 黒田仰生, 固武慶, 酒井一樹, 坂井佑輔, 澤田崇広, 高橋弘毅, 滝脇知也, 土田怜, 端山和大, 横澤孝章, "Hilbert-Huang変換を用いた重力崩壊型超新星爆発のSASIモードからの重力波に対するデータ解析", 日本物理学会(秋), 山形大学 小白川キャンパス, 2019/9/19.
2019/9国内学会高橋酒井一樹, 高橋弘毅, 大原謙一, "リカレントニューラルネットワークを用いた重力波観測データにおけるノイズ除去の検討", 日本物理学会(秋), 山形大学 小白川キャンパス, 2019/9/19.
2019/9国内学会高橋内潟那美, 酒井一樹, 高橋弘毅, 中野寛之, 成川達也, "KAGRAアップグレードに向けたブラックホール準固有振動解析", 日本物理学会(秋), 山形大学 小白川キャンパス, 2019/9/19.
2019/9セミナー伊藤Y. Itoh, "Status of KAGRA and gravitational wave data analysis", National Central University、Taiwan, 2019/9/24
2019/12研究会高橋武田芽依, 渡邊幸伸, 平沼悠太, 根岸諒, 大原謙一, 神田展行, 黒田仰生, 固武慶, 酒井一樹, 坂井佑輔, 澤田崇広, 高橋弘毅, 滝脇知也, 土田怜, 端山和大, 横澤孝章, “Hilbert-Huang変換を用いた重力崩壊型超新星爆発のSASI由来の重力波解析”, 第48回 日本物理学会 新潟支部例会, 新潟大学, 2019/12/21.
2020/1研究会真貝H. Shinkai, "Introduction to Sparse Modeling" [slide pdf], 新学術領域研究「重力波物理学・天文学:創世記」 A01グループ 研究会, 2020/1/11
2020/3研究会高橋林滉之, 酒井一樹, 高橋弘毅, 濱住啓之, 大前佑斗, “L2正則化を導入した直並列型 Denoising Autoencoder を用いたバースト重力波解析におけるノイズ除去の基礎的検討”, 信学技報, Vol.119, No.453, NC2019-91, pp.89-94, (2020). (電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会(NC)), 電気通信大学, 2020/3/5.
2020/3国内学会高橋上島元, 苔山圭以子, 小坂井千紘, 押野翔一, 高橋弘毅, 内山隆, 山本尚弘, 横澤孝章, KAGRA collaboration, “深層学習を用いた突発性ノイズの原因探索に関する研究”, 日本物理学会(春), 名古屋大学 東山キャンパス, 2020/3/16.
2020/3国内学会高橋武田芽依, 渡邊幸伸, 平沼悠太, 根岸諒, 大原謙一, 神田展行, 黒田仰生, 固武慶, 酒井一樹, 坂井佑輔, 澤田崇広, 高橋弘毅, 滝脇知也, 土田怜, 端山和大, 横澤孝章, “Hilbert-Huang変換を用いた重力崩壊型超新星爆発のSASI由来の重力波解析”, 日本物理学会(春), 名古屋大学 東山キャンパス, 2020/3/16.
2020/3国内学会高橋布目喜裕, 長谷川昌也, 廣林茂樹, 高橋弘毅, 田越秀行, “NHAによる時間周波数解析とディープラーニングを用いたノイズ環境下における重力波検出に関する研究”, 日本物理学会(春), 名古屋大学 東山キャンパス, 2020/3/16.
2020/8研究会西口田中 靖浩, 西口 敏司, ``物体領域推定のための学習データの生成支援,'' 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU2020) 論文集 IS3-3-19
2020/9国内学会高橋上島元, 苔山圭以子, 小坂井千紘, 押野翔一, 鹿野豊, 高橋弘毅, 内山隆, 山本尚弘, 横澤孝章, KAGRA collaboration, “深層学習を用いた突発性雑音の教師なし分類”, 日本物理学会(秋), オンライン, 2020/9/15.
2020/9国内学会高橋B. Hsieh, H. Tagoshi, H. Takahashi, K. Kotake, T. Takiwaki, “Analysis of gravitational wave signals from core collapse supernovae with Non-Harmonic Analysis method”, 日本物理学会(秋), オンライン, 2020/9/15.
2021/1国内学会高橋武田芽依, 渡邊幸伸, 平沼悠太, 根岸諒, 大原謙一, 神田展行, 黒田仰生, 固武慶, 酒井一樹, 坂井佑輔, 澤田崇広, 高橋弘毅, 滝脇知也, 土田怜, 端山和大, 横澤孝章, “Hilbert-Huang変換を用いた重力崩壊型超新星爆発のSASI由来の重力波解析”, 第7回超新星ニュートリノ研究会, オンライン開催, 2021.1.7-8.
2021/1国内学会高橋上島元, 苔山圭以子, 小坂井千紘, 押野翔一, 鹿野豊, 高橋弘毅, 内山隆, 鷲見貴生, 山本尚弘, 横澤孝章, KAGRA collaboration, “KAGRAデータへの適用に向けた深層学習に基づく突発性雑音分類システムの開発”, 第7回超新星ニュートリノ研究会, オンライン開催, 2021.1.7-8.
2021/1研究会,招待講演真貝招待講演「重力波観測の現状とこれから」pdf @「富岳で加速する素粒子・原子核・宇宙・惑星」シンポジウム 2021/1/28.
2021/2国内学会高橋高橋弘毅,“大型低温重力波望遠鏡 KAGRA に関する研究(データ解析関連)”,2020年度(令和2年度)東京大学宇宙線研究所共同利用研究成果発表会 , オンライン開催, 2020.2.9.
2021/3国内学会高橋オドンチメド ソドタウィラン, 高橋弘毅, 酒井一樹, “ニューラルネットワークによる重力波波形再構成のためのフィルターデザインの生成”,(15pW3-6), 日本物理学会(春), オンライン開催,2021.3.15.
2021/3国内学会高橋布目喜裕, 長谷川昌也, 廣林茂樹, 高橋弘毅, 田越秀行, “NHA解析とディープラーニングを用いた重力波信号のガウスノイズのノイズ除去システムの検証”,(15pW3-7),日本物理学会(春), オンライン開催,2021.3.15.
2021/3国内学会高橋上島元, 苔山圭以子, 小坂井千紘, 押野翔一, 鹿野豊, 高橋弘毅, 内山隆, 鷲見貴生, 山本尚弘, 横澤孝章, KAGRA collaboration, “重力波望遠鏡における深層学習を用いた突発性雑音の分類システム”,(15pW3-9), 日本物理学会(春),オンライン開催, 2021.3.15.
2021/3国内学会高橋武田芽依, 渡邊幸伸, 平沼悠太, 根岸諒, 大原謙一, 神田展行, 黒田仰生, 固武慶, 酒井一樹, 坂井佑輔, 澤田崇広, 高橋弘毅, 滝脇知也, 土田怜, 端山和大, 横澤孝章, “HHilbert-Huang 変換を用いた重力崩壊型超新星爆発由来の重力波データ解析”, (N23a), 日本天文学会(春), オンライン開催, 2021.3.19.
2021/3国内学会高橋M. D. Silva, K. T. Nakahira, M. Takeda, N. Kanda, K. Oohara, T. Takiwaki, K. Kotake, H. Takahashi, “Effectiveness of Hilbert Huang Transform for analyzing gravitational wave data from supernova”, 情報処理学会第83回全国大会, pp.1-207-1-208 (5J-04), オンライン開催, 2021.3.19.
2021/3国内学会高橋上島元, 苔山圭以子, 小坂井千紘, 中平勝子, 押野翔一, 鹿野豊, 高橋弘毅, 内山隆, 鷲見貴生, 山本尚弘, 横澤孝章, “重教師なし学習に基づいた突発性雑音分類システムの開発 -大型低温重力波望遠鏡KAGRAデータへの適用に向けて-”,情報処理学会第83回全国大会, pp.2-429-2-430 (7Q-03), オンライン開催, 2021.3.20.
2021/8研究会,招待講演伊藤伊藤洋介, Efforts on search for gravitational waves from neutron stars, 第4回~中性子星の観測と理論~研究活性化ワークショップ(2021年8月)
2022/3国内学会伊藤伊藤洋介, KAGRA Collaboration, 大型低温重力波望遠鏡KAGRAの現状, 日本天文学会2022年春季年会 (2022年3月4日)
2022/3国内学会高橋坂井佑輔, 伊藤洋介, 苔山圭以子, 中平勝子, 押野翔一, 鹿野 豊, 高橋弘毅, 内山隆, 鷲見貴生, 山本尚弘, 横澤孝章, 重力波望遠鏡に現れる突発性雑音の教師なし分類, 日情報処理学会 第84回全国大会 (2022年3月)
2022/3国内学会高橋笹岡聖也, Hou Yilun, 宗宮健太郎, 高橋弘毅, 機械学習による重力波の到来方向推定, 日本物理学会 第77回年次大会 (2022年3月)
ページトップへ

成果 (4.一般向け講演,対外活動など)

期日種別発表者タイトルなど
2019年4月-7月講師真貝毎日文化センター2019年度春学期,常設講座
宇宙はどこまで解明できたか(全6回)[資料ページ]
4/25 天文学と宇宙物理学:観測技術の進展と星までの距離の測定
5/23 惑星探査と太陽系外惑星探査:地球外生命体は見つかるか?
6/27 星とブラックホールと惑星系と銀河:構造形成は何が先か?
7/25 超新星爆発と宇宙論:6つのパラメータで描かれる膨張宇宙
8/29 初期宇宙と素粒子物理:高次元モデルが描くビッグバン以前
9/26 重力波と重力理論:アインシュタインはどこまで正しいか?
2019年7月寄稿真貝 「現代思想」(青土社)2019年8月号 特集=アインシュタイン
寄稿『ブラックホール理論とその周辺』
2019年10月講演伊藤 『重力波で聴く宇宙:中性子星、ブラックホール、宇宙の始まり』大阪市立高校,2019年10月3日
2019年10月-2020年3月講師鳥居毎日文化センター(西梅田)2020年度秋学期,常設講座
未知なる宇宙への誘い 私たちは何処から来て、何処へ行くのか(全6回)
10/24 宇宙の「宇」-- 無辺なる空間と宇宙の階層構造
11/28 宇宙の「宙」-- ビッグバンで宇宙は始まった
12/26 私たちは星の子-- 星の誕生から死、再生をめぐる
1/23 私たちに友達はいるのか-- 太陽系外惑星と地球外生命体
2/27 ブラックホール-- 破壊と創造をつかさどる超強重力天体
3/26 最先端宇宙物理学-- たて、よこ、たかさ ... その先へ
2019/11/29出版真貝,鳥居 「演習 相対性理論・重力理論」(A. Lightman他著,真貝寿明・鳥居隆訳,森北出版,ISBN 978-4-627-15641-8)
2019/12/3講演高橋 “データサイエンス・機械学習・人工知能 重力波物理学・天文学からスポーツ・医療支援まで”, 新潟県立新潟南高等学校
2019/12/7講演真貝舞鶴工業高等専門学校ジュニアドクター育成塾 特別講演「ブラックホールを観る,聴く」(小中学生対象)[pdf]
2019/12/11講演真貝関西電気関連学会三学会准学講演会 招待講演「ブラックホールを観る,聴く」(大学生対象)(大阪工業大学工学部)[pdf]
2020/2/20セミナー真貝山口大理論宇宙物理セミナー「重力波入門」 [pdf] ,「重力波データ解析入門」 [pdf]
2020/3/11講演真貝サークルすばる 招待講演(中止)
2020年3月取材協力真貝日経ビジネス 3月23日号「人類の歴史的発明が証明 世界を変えた“変わり者”たち」(電子版),「ワープ航法、タイムマシン……数十億年後の人類のため」 ( 電子版).
2020年3月寄稿真貝 新学術領域研究「重力波物理学・天文学:創世記」ニュースレター3号:「KAGRA観測開始へ」
2020年4月-2020年10月講師鳥居毎日文化センター(西梅田)2020年度春学期,常設講座
科学で探る宇宙の姿 ひとつの宇宙と私たちとの関係(全6回)
4/23 私たちのすみか 地球と月と太陽系 (7/23に実施)
5/28 宇宙の「宙」その2 宇宙の構造はどのようにできたのか (コロナ禍で中止,翌年に順延)
6/25 宇宙を見つめる4つの「目」 宇宙観測と重力波の検出(コロナ禍で中止,翌年に順延)
7/23 私たちの知らないダークサイド 暗黒物質と暗黒エネルギー(コロナ禍で中止,翌年に順延)
8/27 ねじれる時間とゆがむ空間 「どこでもドア」と「タイムマシン」を作る(コロナ禍で中止,翌年に順延)
9/24 私たちの未来といやはて 宇宙物理学が予言する,宇宙の未来(コロナ禍で中止,翌年に順延)
2020年5月出版真貝,鳥居,伊藤 「相対論と宇宙の事典」(朝倉書店)A5/448ページ,ISBN 978-4-254-13128-4 (章編集,項目執筆)
2020年6月講師真貝 西宮市生涯学習大学「宮水学園」自然科学講座 「相対性理論と時間の進み方」「量子物理学におけるパラドックス」「ブラックホールの直接撮像,重力波観測」
2020年7月講師真貝 第10回高校生天文活動発表会(中止)
2020年7月講師真貝 西宮市生涯学習大学「宮水学園」自然科学講座 「相対性理論と時間の進み方」「量子物理学におけるパラドックス」「ブラックホールの直接撮像,重力波観測」(コロナ禍で中止.ラジオ講座へ振り替え)
2020年8月監修真貝 Newton別冊『時間とは何か 改訂第2版』,Newton別冊『単位と法則 大百科』
2020年7月掲載真貝 webメディア「ほとんど0円大学」「研究者の質問バトン(1):タイムマシンって本当に作れるの?」
2020年10月講師真貝 奈良シニア大学 講演「天文と文化の交流 日本に西洋物理学を紹介した蘭学者たち」資料ページ
2020年10月掲載真貝 webメディア「論座」『「ブラックホール」でまとめたノーベル物理学賞』(有料会員限定)(2020年10月13日)
2020年11月掲載真貝 『天文教育』(天文教育普及研究会)11月号 p2-8『2020年のノーベル物理学賞 脚注の多い解説』原稿pdf
2020年11月書籍出版高橋Kazuki Sakai, Yuto Omae, Hirotaka Takahashi, "Ensemble Denoising Autoencoders: Ensemble Learning for a Noise Reduction (Chapter 2) ", Yi-Tung (Andy) Chan (Ed.), An Introduction to Approaches and Modern Applications with Ensemble Learning, Nova Science Publishers, Inc., (Hauppauge) New York. 2020.11.(ISBN: 978-1-53618-680-2)
2020年12月講師真貝 西宮市宮水学園ラジオ版教養講座「アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論」text pdf
2020年11月-2021年3月講師鳥居岸和田健老大学 公開専門講座
宇宙の中の私たちと私たちのいる宇宙   最先端の科学で語る宇宙の話(全10回)
11/11 私たちの故郷  地球と月と太陽系 
11/25 宇宙の「宇」  宇宙の空間と天体までの距離 
12/9 宇宙の「宙」その1  すべての始まりはビッグバンから 
12/23 宇宙の「宙」その2  揺らぎから構造の形成へ 
1/13 私たちは星の子  星の誕生から死,再生をめぐる 
1/27 「もーいいかい?」  太陽系外惑星と地球外生命体 
2/10 宇宙にあいた時空の穴  一般相対性理論とブラックホール 
2/24 宇宙を見つめる瞳  マルチメッセンジャー天文学の始まり 
3/10 時空の真の姿とは?  たて・よこ・たかさ‥‥,その先へ 
3/24 私たちと宇宙の未来  宇宙物理学が予言する,宇宙の未来 
2021年2月講師真貝 奈良シニア大学 講演 「惑星探査と太陽系外惑星探査:地球外生命体は見つかるか?」資料ページ
2021年3月講師真貝 サークルすばる 講演「最近の宇宙研究の進展」スライドpdf
2021年4月-2021年9月講師鳥居毎日文化センター(西梅田)2021年度春学期,常設講座
科学で探る宇宙の姿 ひとつの宇宙と私たちとの関係(全6回)
4/22 私たちのすみか 太陽系と地球の仲間たち
5/27 宇宙の「宙」その2 宇宙の構造はどのようにできたのか
6/24 宇宙を見つめる4つの「目」 マルチメッセンジャー観測の始まり
7/22 私たちの知らないダークサイド 暗黒物質と暗黒エネルギー
8/26 ねじれる時間とゆがむ空間 「どこでもドア」と「タイムマシン」を作る
9/30 私たちの未来といやはて 宇宙物理学が予言する,宇宙の未来
2021年7月招待講演真貝 「アインシュタインはどこまで正しい? 検証が進む相対性理論」第11回高校生天文活動発表会 スライドpdf
2021年10月招待講演高橋「宇宙の不思議、その後 -宇宙物理学の最前線-」まちなかキャンパス長岡 サイエンスカフェ 2021/10/16
2021年11月出版真貝 『理科年表2022年版』「重力波」の項執筆(田中貴浩,真貝)
2021年12月招待講演真貝 大阪市立科学館×大阪市中央公会堂『99年目のアインシュタイン』 @大阪市中央公会堂 スライドpdf
2021年12月講師真貝 西宮市宮水学園サイエンスコース 講演「相対性理論のパラドックス」資料ページ
2022年1月講師真貝 西宮市宮水学園サイエンスコース 講演「ブラックホールと重力波」資料ページ
2022年1月講師真貝 朝日カルチャーセンター 講演「ブラックホールって何? 物理学者の考えるブラックホールと、天文学者の扱うブラックホール」スライドpdf
2022年3月出版真貝 『すべての人の天文学』(縣秀彦編,岡村定矩・芝居広監修,日本評論社,2022年3月刊)ISBN 978-4-535-78946-3 第8章「宇宙論」執筆
2022年3月招待講演伊藤ミュージアム連続講座2021「天文と歴史」  講演「宇宙を聴く新しい観測手法:重力波天文学のはじまり」 大阪市立難波市民学習センター 2022.3.13(日) 
ページトップへ

成果 (5.その他の活動)

  • 2019年7月,真貝が代表者として申請していたもう一つの科研費プロジェクト「天文文化学の創設」(挑戦的研究・萌芽)も採択されました
  • 2019年8月,真貝は,日本の重力波干渉計KAGRAプロジェクトの科学部門実行委員会議長(Chair of the board, KAGRA Scientific Congress)を引き続きあと2年間担当することになりました.新体制のもと,伊藤は引き続き Joint-Run Planning CommitteeのメンバーとしてLIGO/Virgoとの観測調整役を,高橋は新たに KAGRA Identity and Access ManagerとしてLIGO/Virgoとのアカウント調整役を担当しています.
  • 2019年10月,KAGRAプロジェクトは,米国LIGO・欧州Virgoとの共同観測研究協定を結びました.協定をとりまとめた真貝も,調印の一人となりました.
  • 2020年10月,『そば打ちを習う』(真貝)「季刊 新そば」No.167(北白川書房)
  • 2021年3月,「前田恵一教授 ご退職によせて」(真貝)早稲田応用物理会早稲田物理会会報 第32号
  • 2021年3月,『 [翻刻] 滑稽窮理 臍の西国 』(真貝)大阪工業大学紀要 66(2021) p49-68
  • 2021年8月,真貝は,日本の重力波干渉計KAGRAプロジェクトの科学部門実行委員会議長(Chair of the board, KAGRA Scientific Congress)を任期満了で終了しました.後任は,東京大学ビッグバン宇宙センターの横山さんです.
  • 2021年10月,フレーベル館「しぜん」シリーズ 11月号「うごく」編集協力
  • 2022年1月,松浦清・真貝寿明 編 『天文文化学序説 --分野横断的にみる歴史と科学』 (思文閣出版,ISBN 978-4-7842-2020-5)思文閣出版のページ
  • 2022年4月,「滑稽窮理 臍の西国 -- 明治初頭の啓蒙書ブームと増山守正」,窮理21号(窮理舎)

ページトップへ

重力波データ解析 ホームページ

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) Hisaaki Shinkai, All Rights Reserved.