OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

空間デザイン学科 居住空間デザイン研究室


回遊式住居 LOOP A/集合住宅 RC造3階建(東京都)
人間をとりまく様々な空間を「居住」するという観点から発想し、創造していく研究室です。住宅だけでなく、福祉・医療施設、図書館や美術館、公園や広場など、公共的な「居住」空間の設計にも取り組みます。また、歴史的な町並み、古民家、空き家のリノベーションを通して新たな価値を生み出す研究もしています。建築的な視点に加えて、人間の心を豊かにするアート的な視点も大切にしています。個々の学生が自由な発想で、実践を通して建築設計、空間デザインを学んでいくことを目指しています。


回遊式住居 LOOP A/集合住宅 RC造3階建(東京都)

主な研究テーマ

  • 居心地よい住環境の設計・研究
  • コミュニティを創出する建築計画の研究
  • 歴史的町並み、古民家、空き家、廃屋の再生と新たな価値の創造
  • 光陰による空間創成に関する研究
  • アートによる公共空間の活性化を図る研究

指導教員

郡 裕美 教授 (コオリ ユミ)

専門分野

  • 建築設計
  • 住宅、集合住宅設計
  • 古民家再生、リノベーション設計
  • 伝建地区の町並み再生、まちづくり
  • パブリックアート

教員メッセージ

部屋の大きさや広がり、窓から見える風景、光や風の流れなど、空間の質によって「居心地のよさ」が変わります。人を幸せにする空間の設計を学びます。

この研究がかなえる未来

空間を居住者の視点からデザインすることで、人々が生き生きと楽しく感じられる建築や都市が生まれます。「居心地のよい」居住空間の研究は、私たちの生活を豊かにしてくれます。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content