OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

空間デザイン学科 構造デザイン研究室


平屋鉄骨造建物のねじれ振動
建築構造は地震や風といった荷重に対して十分な強度と剛性を有し、大地震時においても骨組が部分的に塑性化することによって倒壊することなく人命を保護することが重要となります。一方、建築構造は建築の骨組を構成するもので、その構成方法によって建築の形態に大きな影響を与えます。骨組構成の決定(構造デザイン)を行うためには、骨組が荷重を受けた際にどのような挙動を示すかを理解する必要があります。
本研究室では中小規模の鉄骨造建物を対象にし、骨組の構成や地震動の特性が建物の弾塑性挙動に与える影響を解析的・実験的に解明し、耐震性能の向上および架構形式の合理化を目指します。


平屋鉄骨造建物のねじれ振動

主な研究テーマ

  • 地震荷重を受ける中小規模鉄骨造建物の弾塑性挙動に関する研究
  • 溶接継目の強度に関する研究
  • 構造的アプローチによる建築・プロダクトデザインに関する研究

指導教員

白髪 誠一 准教授 (シラガ セイイチ)

専門分野

  • 建築鋼構造
  • 建築構造設計

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content