入試情報

第2(第3)志望制度

TOPICS
理系学部の『第2(第3)志望制度』や
文系学部との『文理併願方式』を利用すると、
合格のチャンスが更に広がります!

〔対象入試〕
  • 第2(第3)志望制度
    公募制推薦入試、一般入試前期A日程・AC日程・B日程・BC日程、後期D日程・DC日程
  • 文理併願方式
    公募制推薦入試、一般入試前期A日程・B日程、後期D日程

TOPICS ①

理系学部(工学部・ロボティクス&デザイン工学部・情報科学部)では、異なる学科で近い分野を学ぶことができます(詳しくはデジタルパンフレット「大学案内」)。そこで、理系学部を学びの関連が強い4つのグループに分け、グループ内に限り第2(第3)志望を選択することができます。

TOPICS ②

理系学部を対象に、「文理併願方式」を設けています。これにより、ものづくりに直接関わる分野(理系学部)と、「ものづくり」を法律の視点で守り、ビジネスに活用する分野(知的財産学部)の2学部で合格判定を受けることができます。
2019年度入試では、89人の受験生がこの方式で合格を勝ち取りました。

下表のグループ内で、第2(第3)志望制度があります。
この制度は志望者の希望に基づくものですが、毎年、第2(第3)志望合格圏内にいながら、第2(第3)志望を希望しなかったために合格を勝ち取れなかった人がいます。出願時には、第2(第3)志望学科を登録されることをお薦めします。

グループ学部・学科第2(第3)志望制度概要
工学部 都市デザイン工学科
  • 各グループ内で第2志望学科を選択できます。
  • 第1志望学科に合格した場合には、第2志望学科での合格判定は行いません。
  • 合格判定は第1志望の志願者が有利となるよう、第1志望と第2志望の合格最低点に得点差を設けます。また、必ずしも第2志望合格を発表するとは限りません。
工学部 建築学科
工学部 機械工学科
工学部 電気電子システム工学科
工学部 電子情報システム工学科
ロボティクス&デザイン工学部 ロボット工学科
ロボティクス&デザイン工学部 システムデザイン工学科
ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科
3 工学部 応用化学科
工学部 環境工学科
工学部 生命工学科
情報科学部 情報知能学科
  • グループ内で第2(第3)志望学科を選択できます。
  • 第1(第2)志望学科に合格した場合には、第2(第3)志望学科での合格判定は行いません。
  • 合格判定は、第1~3志望の合格最低点に得点差を設けませんが、必ずしも第2(第3)志望合格を発表するとは限りません。
情報科学部 情報システム学科
情報科学部 情報メディア学科
情報科学部 ネットワークデザイン学科

※グループ2に限り、公募制推薦入試においては『数学』は「数学①」を、一般入試においては『数学』は「数学①」を、『理科』は「物理」または「化学」を受験しなければ、第1志望・第2志望ともに合格判定を行いません。

資料請求資料請求 デジタルパンフレットデジタル
パンフレット
@Line facebook youtube

page top

page top