OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

ロボット工学科 ウエルネス研究室


現在研究しているテーマのイメージ写真です。
人にやさしいロボットは,安全で安心を与えるだけでなく,人の意図や気持ちを汲んで動くことが大事です.そのためには,人をはかる必要があります.心拍や呼吸,目の動きや脳波,筋電などを人に負担をかけずに測る技術とそこから人の意図や気持ちを推定する手法の研究,さらにそれを応用したシステムの開発をしています.


現在研究しているテーマのイメージ写真です。

主な研究テーマ

  • 生体信号(筋電や脳波)を用いた入力インタフェースの開発と評価
  • インタラクティブ映像を用いた心身活性化システムの開発
  • 高齢者施設へのコミュニケーションロボット導入に関する研究
  • 心拍・呼吸の低負担計測技術の開発とその人状態評価への応用
  • 脳波(事象関連電位)を用いた高齢者の認知機能評価に関する研究

指導教員

大須賀 美恵子 教授 (オオスガ ミエコ)

専門分野

  • 生理心理工学
  • ヒューマンインタフェース
  • ヒューマンロボットインタラクション
  • アフェクティブコンピューティング

教員メッセージ

「人にやさしいロボット」というときの「人にやさしい」とはどういうことでしょうか?どうすれば実現できると思いますか? 最初に、「安全」つまり人に危害を加えないことが基本ですね。次に、「安心」つまり一緒に居て不安や恐怖を与えない、信頼できるということですね.その次には、人の指示や命令を理解して賢く仕事をしてくれる、さらには、指示しなくても人の意図や心を汲んで動いてくれる、究極的には,人を楽しく元気にしてくれたり癒してくれたり、ときには教育してくれたり...そういうロボットの実現に向けて、一緒に勉強しませんか。

この研究がかなえる未来

社会はさまざまな人で構成されています。男性も女性も、子どもも大人も、赤ちゃんも高齢者も、元気な人も病気の人も障がいのある人も、それぞれの価値観に応じて生活の質(Quality of Life)を追求できる社会が理想です。生体計測やロボット技術を活用して、こんな社会を実現するために貢献したいと考えています。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content