OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

ロボット工学科 バーチャルリアリティ研究室


球面ディスプレイ外観(左)・格子投影(右上)・CG投影(右下)
コンピュータの発達により、映像などの表現力はだいぶ豊かになりました。しかし、その表現力は視聴覚に特化しています。また,コンピュータへの入力は、タッチパネルやキーボード,マウスなどで、これも人にとって「自然」とは言い難いところです。本研究室では、人の自然な行動を入力とし、コンピュータからは視聴覚だけではなく,力触覚などのいわゆる五感を提示できるような、人とコンピュータ間を自然につなぐ技術について研究を行っています。


球面ディスプレイ外観(左)・格子投影(右上)・CG投影(右下)

主な研究テーマ

  • 複数距離画像センサを使ったVR共有空間に関する研究
  • 拡張現実感によるナビゲーション環境に関する研究

指導教員

中泉 文孝 講師 (ナカイズミ フミタカ)

専門分野

  • 人工現実感
  • ヒューマンインタフェース

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content