OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報メディア学科 センサ情報処理研究室


研究用ロボット
正確に動作するロボットなど、人間の行動を支援するシステムのために、種々のセンサから得られる情報を処理するソフトウェアについての研究・開発を行っています。
具体的には、カメラやレーザレンジファインダ、3次元距離センサなどの多様なセンサの出力を処理・統合し、人間の行動や、周囲の環境(ロボットの周りの障害物や地形の様子)といった情報を抽出することで、実環境において安全かつ効率的に動作し、人間を助けることが可能なシステムの実現を目指しています。


研究用ロボット

主な研究テーマ

  • 屋内外でのナビゲーションロボットの研究
  • 調理などの日常生活行動の支援システムに関する研究
  • 人間の状態を考慮した対話システム
  • Android端末と、その内蔵センサを用いたアプリ

指導教員

宮脇 健三郎 准教授 (ミヤワキ ケンザブロウ)

専門分野

  • センサ情報処理

教員メッセージ

ロボットが自分の思い通りに動いたときは、口では言い表せないほどの感動を味わうことができます。現実世界の環境は非常に複雑ですので、それに上手く対処するには、プログラミングテクニック以外にも難しい点がたくさんありますが、それらを乗り越えることは、きっと貴重な体験となることでしょう。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content