OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報メディア学科 感覚メディア研究室


球面ディスプレイによる自動車運転時の危険予測環境
人間には様々な感覚があります。人間の外界の情報は、これらの感覚を介して受け取っています。コンピュータが扱う膨大な情報を人間に効率的に伝えるために、この感覚を駆使して、視覚や聴覚だけに頼らない情報表現が重要になってきます。感覚メディア研究室では、五感を駆使した情報メディア技術として、力触覚による情報表現と、没入映像メディアによる臨場感生成に関する研究をおこなっています。


球面ディスプレイによる自動車運転時の危険予測環境

主な研究テーマ

  • 触覚や力覚による情報提示に関する研究
  • 没入型映像メディアに関する研究

指導教員

橋本 渉 准教授 (ハシモト ワタル)

専門分野

  • 人工現実感

教員メッセージ

コンピュータは膨大な情報を処理することが可能です。しかし、せっかくの高い処理能力も、結果を人間に伝えることができなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。コンピュータと人間の境界面(インタフェース)において、さらに豊富な情報をやり取りすることができれば、コンピュータが扱う膨大なデータを効率的に享受することができるでしょう。このインタフェースに、映像や音声だけではなく、触れる感覚やあたかもその場にいる感覚など、さまざまな感覚を用いることで、よりリッチなメディアを実現するのが、本研究室のミッションです。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content