OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報メディア学科 音声・音楽情報処理研究室


相手の気持ちを理解した対話システム
人間は、相手の発話に含まれる声のトーンから感情を感じながら対話を行っています。例えば「ボーリング行こう」と話しかけた時、相手が「ボーリングかぁ」と発話したら、それが楽しそうであれば「行こう」、どまどっているようであれば「嫌だ」と受けとれます。こうした違いを正確に読みとり、また自分の発話にも適切な感情を載せることで、人間と自然に対話していくことができるシステムを開発しています。また、曲目や作曲者名だけではなく、「じゃーん」といった擬音語で歌唱することでクラシック音楽を検索できるようにするシステムも開発しています。


相手の気持ちを理解した対話システム

主な研究テーマ

  • 音声からの感情認識に関する研究
  • 歌唱音声を用いた楽曲検索システムに関する研究
  • より自然な音声対話システムに関する研究

指導教員

鈴木 基之 教授 (スズキ モトユキ)

専門分野

  • 音声認識・対話システム
  • 音楽情報処理
  • 感性情報処理

この研究がかなえる未来

人間と機械が自然にコミュニケーションできる、そんな技術を開発していくのが研究室の目標です。そのためには音声の認識や理解だけではなく、表情やしぐさ、相手の置かれた状況などもふまえ、全体として相手の「気持ち」を理解することが必要になります。人間が,相手のことを機械だと思わず、人間同士と全く同じようにコミュニケーションできる、そんな社会の実現を目指し、主に音声メディアの面から研究をすすめています。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content