OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報ネットワーク学科 光電波ネットワーク研究室


RoFSO装置による電波空間の光無線伝送実験
より一層使い易いモバイル通信を目指して、電波と光を融合したマイクロ波フォトニクス技術を利用したワイヤレスネットワークに関する教育と研究を担当する研究室です。
光ファイバを電波の通り道に使用するRoF技術やイーサネットの中を電波が通る技術(DRoF)、可視光通信技術などを用いた情報通信ネットワークの要素技術、それらを制御するモバイルエージェント技術を研究テーマとしています。


RoFSO装置による電波空間の光無線伝送実験

主な研究テーマ

  • 光電波融合通信技術を用いたモバイルバックフォールネットワークに関する研究
  • IoTのためのユニバーサルネットワーク基盤のハードウエア/ソフトウエアを用いた実験的研究
  • ドローンや移動体を用いたDTNに関する研究
  • セキュリティ技術を適用した情報ハイディング照明光通信に関する研究
  • ユーザセントリックワイヤレスエージェント通信に関する研究

指導教員

塚本 勝俊 教授 (ツカモト カツトシ)

専門分野

  • 情報通信工学
  • 光ファイバ無線 (Microwave Photonics)
  • 光無線
  • モバイルコミュニケーション

教員メッセージ

情報ネットワーク学科では、インターネットや携帯電話、無線LAN などのネットワークを使って人やものをつなぎ,新しいネットワークを用いたサービスを創造する技術を研究しています。
ヒトとヒトや,コンピュータをつなぐ通信技術はこんなに便利になりましたが、まだまだ技術課題はたくさん残されています。それらを解決する研究者やネットワークを構築・管理する技術者は、これからもどんどん必要とされています。興味のある人はぜひ、情報技術や情報ネットワークの分野で活躍してほしいと思っています。

在学生メッセージ

将来の社会や生活を支える情報通信ネットワークや安全で安心な新しいアプリケーションやサービスの開拓には常に最新の技術が使われています.そこには創造力に溢れた若い技術者の力とアイデアが必要とされています。

この研究がかなえる未来

スマートフォンが爆発的に普及しており、モバイルインターネットトラヒック(データ量)は年率1.6倍で増加するという予想も行われています。この爆発的なトラヒックを収容できる新しいワイヤレスアクセスネットワークインフラの研究開発が世界各国で精力的に行われていますが、そこでは無線通信に使用される様々な種類の電波に対して汎用的に使用可能という視点が技術的にも経済的にも重要です。本研究室で取り組む光電波融合モバイルバックフォールネットワークとワイヤレスエージェントは、組み合わせることで、経済的でかつ満足感の高いモバイルインターネットアクセスを人やモノに提供することを目指しています。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content