OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

ネットワークデザイン学科 情報セキュリティ研究室


情報システムの安全・安心を支えるために、不正や犯罪を「抑止」する技術や情報システムを「守る」技術を研究しています。近年、人やモノ、システムが多様に連携するIoT(Internet of Things)は、新たな価値が創生されると期待されていますが、一方で、多様な連携が安全・セキュリティを脅かす新たな事故に繋がると懸念もされています。また、暗号技術は情報の秘匿をしたり、改ざんを検知するだけでなく、ブロックチェーンなどの新しい分散型プラットフォーム環境を実現し、情報化社会のパラダイムシフトをおこしつつあります。研究室では、システムを危険な状態に陥れる攻撃や脆弱性などのリスクを分析する技術や、暗号や認証技術などを駆使して効率的で効果的なシステムセキュリティ技術を開発しています。こうした技術の学びや検討を通じて、システムや技術の相互関係を理解し、安全で使い勝手のよいセキュリティシステムの構築を目指しています。


主な研究テーマ

  • 安全・セキュリティ分析に関する研究
  • 分散型情報セキュリティに関する研究
  • サイバーフィジカルシステムのセキュリティに関する研究

指導教員

福澤 寧子 教授 (フクザワ ヤスコ)

専門分野

  • 情報セキュリティ

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content