OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報ネットワーク学科 画像情報処理研究室


距離センサを用いた三次元物体形状の獲得
人間は目で見たり耳で聞いたりした情報から様々な判断をして行動しています。コンピュータの目や耳としてカメラやマイクなどのセンサを利用し、撮影された映像や録音された音声をプログラムで処理することで、人間のような判断や行動ができるようになれば、コンピュータは人間の活動を支援するパートナーとしての活躍が期待できます。本研究室では、様々なセンサを利用し、知的な判断や行動が可能なロボットの実現や、インターネットを介した人間同士の遠隔地間のより自然なコミュニケーションを実現するための手法の開発などに取り組んでいます。


距離センサを用いた三次元物体形状の獲得

主な研究テーマ

  • 遠隔コミュニケーションシステム
  • 受講者状況の三次元可視化
  • ロボットのためのコンピュータビジョン

指導教員

西口 敏司 准教授 (ニシグチ サトシ)

専門分野

  • センサ情報処理
  • 画像情報処理

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content