学部概要

工学とデザイン思考をベースに
人々の豊かな暮らしを実現するエンジニアを育成

ロボット、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)をキーワードに、現代の日本では社会やものづくりの在り方が大きく変わりつつあります。こうした時代の変化に対応するため、専門知識や技術はもちろん、革新的な製品やシステムを創出するデザインの力が求められています。
ロボティクス&デザイン工学部では、機械、電気・電子、情報、建築、プロダクトデザインなど幅広い分野の技術者および専門的職業人を輩出するため、梅田の新キャンパスで最新の設備、カリキュラムを取り入れた実践的な教育を展開。優れたスキルと感性、デザイン思考を実践でき、未来のものづくりと社会の発展をささえる人物の育成を目指しています。

学部の特色

共同型・学科横断型の教育を採用

海外で大きな成果を上げているデザイン思考をベースとしたワーク型の授業を導入。
3学科の特長を生かして共同で進める授業を通し、学科の枠を超えた横断的な実践力を身に付け、革新的なアイデアや技術を創出していきます。

産学連携・地域連携プロジェクトで即戦力になる人材を育成

企業や地域との連携プロジェクトを推進。梅田キャンパス内のロボティクス&デザインセンターとも連携し、企業や地域がかかる課題解決を目指すPBL(Problem Based Learning)を通じて、実践力を育みます。

国際標準であるクォータ制を導入

海外の大学では標準となっている、1年を4つの学期(クォータ)に分けるクォータ制を導入。3年の第2クォータを学外での学びに当て、原則すべての学生が海外留学、地域連携、企業インターンシップに取り組みます。

学び・研究の領域

本学部の学び・研究は、ロボット、IoT機器、人工知能、福祉機器、建築、インテリア、プロダクト、サービスなどあらゆる領域に広がっています。各学科がお互いに融合しながら、新たな可能性を探求します。

  • 人に寄り添うロボットをデザイン

    ロボット工学科

    ROBOTICS

    ■︎学びの分野
    機械工学、電気工学、電子工学、情報工学、システム・制御工学、デザイン思考 など
    研究テーマ例
    バイタル情報を収集するウエアラブルセンサデバイス/人の意志で操作できる福祉ロボット/高齢者におけるパーソナルモビリティの活用/自動化・高速化を実現する生産技術 など
    めざすキャリア
    ロボット・計測機器・精密機器・電子機器・自動車・家電機器・電子部品・医療機器・福祉・介護機器・健康機器メーカーなどの製品開発・製品企画設計技術者 など
  • 人に真に役に立つ革新的な仕組みをデザイン

    システムデザイン工学科

    SYSTEM DESIGN

    ■︎学びの分野
    情報工学、機械工学、通信工学、電気工学、電子工学、システム・制御工学、画像・音響工学、デザイン思考 など
    研究テーマ例
    ロボットと人との効果的なインタラクション/高齢者の暮らしを支える見守りシステム/より豊かな生活を実現する生活支援システム/クラウドとloTと活用したネット家電と知的サービス など
    めざすキャリア
    IT機器・通信家電・自動車・自動車部品・医療機器メーカなどの製品開発・製品企画設計技術者、システムインテグレーター など
  • 人と居住空間の関係をデザイン

    空間デザイン学科

    DESIGN & ARCHITECTURE

    ■︎学びの分野
    建築、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、情報デザイン、デザイン思考 など
    研究テーマ例
    環境にやさしい建築設計/高齢者の暮らしを支える未来住宅/アンビエンントテクノロジーを生かした人にやさしいインテリア/子どもや高齢者のためのプロダクトデザイン など
    めざすキャリア
    空間デザイン分野/建築会社(設計・施工)、大手建築設計事務所、インテリアデザイン事務所、ハウスメーカー(設計・施工)、メーカーのデザイン部門、教員、官公庁 など