大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部

学科紹介

システムデザイン学科

システムデザイン工学科では、人と人工物との幸福な関係(=システム)をデザインする方法を学びます。人工物とは、IoT機器、ロボット、福祉機器、サービスなど人が関わる対象すべてです。情報科学、機械工学、電子工学、機械学習(人工知能の基盤)、人間工学、デザイン思考を活用して、システムをデザインできるエンジニアを育成します。

学科の概要

学びの分野

情報科学、電気・電子工学、機械工学、機械学習、ロボティクス、システム・制御工学、画像・音響工学、人間工学、デザイン思考 など

めざす資格

情報処理技術者、技術士、技術士補、CAD利用技術者、高等学校教諭一種免許状(工業)

めざすキャリア

IT機器・通信家電メーカー、ソフトウェア開発業、システムインテグレーター、自動車関連メーカー、医療機器メーカー など

教員紹介

教授
  • 井上 明(学科長、情報システム学研究室)専門:教育工学
  • 上田 悦子(ヒューマンモデリング研究室)専門:ロボット工学・コンピュータビジョン
  • 小林 裕之(知能ロボティクス研究室)専門:知能ロボット研究室オリジナルサイト
  • 鳥居 隆専門:宇宙物理学
  • 中山 学之(バイオミメティックロボティクス研究室)専門:ロボット工学・脳科学
  • 松井 謙二(マルチモーダルUIデザイン研究室)専門:音声・音響工学
  • 脇田 由実(ナチュラルインタラクション研究室)専門:知能情報処理
准教授
講師
  • 横山 広充(イノベーションデザイン工学研究室)専門:環境デザイン学、景観工学
客員教授
  • 入交 英雄
  • 新山 剛司
  • 藤本 英雄

講義Pickup

人工知能概論
スマートフォンに搭載される人工知能やコミュニケーションロボットなどの知的システムの実現に必要な機械学習の手法について、広く学びます。学習する対象はニューラルネット、サポートベクトルマシンなどの識別手法、回帰、クラスタリング、強化学習や深層学習などです。様々な機械学習のツールを使いこなすための基礎を習得します。
センサ工学
本講義では、自動車やロボットなどの機器に搭載されている様々なセンサのしくみおよびセンサを用いたアプリケーションについて、人の感覚器と対比させながら学ぶことを基本としています。その中で、IoTやICTなどを利用した最近のネットサービスを積極的に紹介しています。これらのサービスにおいてセンサがどのように用いられているか、どんな条件のセンサが優位か、センシングサービスとしての課題は何か、などを考え議論する時間を設けることで、未来のセンサの方向性を探りセンサ技術の習得を深めています。

研究Pickup

  • ロボット・IoT機器のための定位技術
    移動ロボットや携帯端末などがそれ自身の位置や姿勢を推定する手法を研究しています。研究室の独自技術として、QRコードに画像処理技術を応用した "SeTTLE code" と、照明光にAIを応用した"CEPHEID"を開発中です。
  • 筋電位を用いたトレーニング支援システムの開発
    筋肉が活動する際に発生する電位(筋電位)をセンシングすることで、自身では把握が困難な筋活動を定量化できます。これを用いて筋活動の可視化によるスキル向上支援システムや運動推定によるトレーニング自動管理システムなどを開発しています。
  • デジタルファブリケーションを用いた義手の開発
    3DCAD、3Dプリンタ、3Dスキャナなどのデジタルファブリケーションツールを用いて、シンプルな機構で高い機能性と操作性を実現する電動義手Finchや、手に酷似したリアルな外観の義手Rehandなど、様々な義手を開発しています。

3学科紹介へ戻る