1. トップページ
  2. 国際交流
  3. 国際交流センター長からのメッセージ

国際交流

国際交流センター長からのメッセージ

一歩踏み出す勇気を持とう

国際交流センター長 村岡雅弘

 IoT(Internet of Things)で世の中のすべてのヒトやモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、また、人工知能(AI)によって必要な情報が必要な時に提供され、ロボットや自動走行車などの技術が快適な社会を創っています。このような便利な世の中では、スマートフォンが見知らぬ土地で道案内をしてくれて、言葉が通じない相手に対して通訳までしてくれます。したがって、英語で会話をする能力も不要だし、ひざを突き合わせてグローバル交流なんて経験する必要もない!と考える人もいるかもしれません。しかし、いまも昔も、実際に海外のヒトと面と向かって対話することで、インターネットやSNSでは得られないコトの共有が生まれます。さらには、お互いの価値観を理解しあえて尊重できるようになります。その結果、情熱をもって接することができ、そのコトから感動する感情が湧き出てくるのです。そのような体験はかけがえのないもので、今後の人生を左右するものとなり得ます。

 今後ますます、日本企業が東南アジアをはじめとする諸外国に進出するだけでなく、日本国内の社会全体が国際化へと加速するはずです。そのような世の中では、他国のヒトやモノとの共生や協働が求められ、多様性を受け入れてともに生きていかなければなりません。また、たとえ将来さらに便利な世の中になったとしても、便利ツールを使うのはヒトであり、ヒトとヒトが出合い、ヒトがモノを作る社会がそこにあるのです。そんな状況に立ち会うとき、グローバル交流などを通じて身につけたグローバルマインドや、これまで味わった感動体験が柔軟性を発揮するのです。

 そのようなビジョンと思いのもとで、「大阪工業大学国際交流センター」では、学生諸君に多種類の海外渡航のプログラムを提供しています。諸外国での文化体験や、語学・会話集中訓練をおこなうスタートアップ型(語学研修や文化体験)、海外の学生諸君とともに課題を解決する国際PBLプログラム型(海外協定校との共同プロジェクト)、海外の大学などにあるラボ体験をおこなうラボインターンシップ型(海外協定校との研究室ワーク)、海外の大学などにある研究室で研究に従事する研究留学型(海外研究支援プログラム)など、ステップアップ型の多彩な内容を用意しています。また、同様のプログラムで海外協定校から本学へ派遣されてくる海外の学生諸君も受け入れています。

 ぜひ、最初の一歩を踏み出して、まだ見ぬ未知の世界へ飛び込んでみましょう。きっとそこには、いままで経験したことのない感動があなたを待っています。その体験こそが皆さんを明るい未来に導いてくれると信じて、まずは国際交流センターを訪問してください。

ページの上部へ

大阪工業大学