1. トップページ
  2. トピックス
  3. RDクラブでの成果物を第3回関西物流展に出展しました

トピックスTOPICS

RDクラブでの成果物を第3回関西物流展に出展しました

2022.07.01

  • 2020年度と2021年度にRDクラブで活動した学生らとニッコーの社員ら 2020年度と2021年度にRDクラブで活動した学生らとニッコーの社員ら
  • 商品として完成したSRADⅢ 商品として完成したSRADⅢ
  • 「AGVスタッキングラック」は拡大部分の形状を特許出願 「AGVスタッキングラック」は拡大部分の形状を特許出願

 6月22日から24日にインテックス大阪で開催された第3回関西物流展に2020年度と2021年度に実施したRDクラブ(※)の成果物を出展しました。成果物は本学学生とニッコーによるコラボ製品「SRADⅡ」に細かな修正を加えた「SRADⅢ」と「AGVスタッキングラック」。どちらも近日中にニッコーから販売予定です。
 
 「SRADⅢ」は、2020年度のRDクラブとニッコーが「SRADを商品化する」という目標のもと、さまざまな改良を加えた「SRADⅡ」をもとに、製品化にともなう耐久性などを向上させた商品です。「環境は変わる。机も、変わる。」をキャッチコピーに、使用用途によって、机や棚に変形することができます。また、折りたたむと厚さ65mmとコンパクトになり、収納場所に困らない点も特長です。
 
 「AGVスタッキングラック」は、無人搬送車(Automatic Guided Vehicle)用のラックで2021年度にRDクラブとニッコーが新たに開発した製品です。組み立てに時間がかかるなどの課題があった従来のラックから棚板と支柱の接合部分の形状を工夫し、工具なしで素早く組み立てられる構造に。更に補強材などを見直すことで軽量化も実現しました。本商品は、接合部分の形状について特許出願(出願者:ニッコー)を行いました。チームリーダーを務めた福山晴人さん(ロボット工学科2年)は「本当に売り出す商品を企業と一緒に開発する経験が新鮮で勉強になりました」と活動を振り返りました。
 
※RDクラブ
梅田キャンパスのロボティクス&デザインセンターで産学連携プロジェクト活動を行う課外活動団体。ユーザー視点で新製品・サービスのアイデアを創出する手法「デザイン思考」を用いて地域や企業が抱えるリアルな課題の解決を目指します。

ページの上部へ

大阪工業大学