OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

建築学科 建築材料研究室


建設現場訪問したサグラダ・ファミリア聖堂の中央上部の神々しいモザイクタイル装飾
建物や街並みのたたずまいの魅力は、「建築材料」の使い方と「明かり(光加減)」の状況と「見立て」で構成されていると、考えています。かんな引き立ての木目模様が美しいすべすべな木肌、しっとり深みのあるつややかな漆塗り肌、陽光きらめくざらざらなびしゃん叩きの花崗岩肌、姿が映るつるつるの大理石肌、風になびくふかふかな綿毛の布地肌。これまで思わず手触りした壁面の材料テクスチャの実例です。いいなと感じた表層の肌理(きめ)が、建物やたたずまいの魅力に直結した場面です。このような様々な建築材料の魅力や使い方などを研究しています。


建設現場訪問したサグラダ・ファミリア聖堂の中央上部の神々しいモザイクタイル装飾

主な研究テーマ

  • 古今東西の建築文化における材料施工、保全、構成、らしさ、文化価値の検討
  • 高性能コンクリートの開発と応用

指導教員

中村 成春 准教授 (ナカムラ シゲハル)

専門分野

  • 建築材料・施工・構法
  • コンクリート工学
  • らしさ工学

教員メッセージ

建築物は、ユネスコ世界遺産などで見られるように、古来から、職人集団によって、巨大な工芸作品として数多く造られてきました。建築遺物のあちこちには、 職人達の極上の手業(テワザ)の痕跡が、さまざまに目の当たりにできます。これまで、見学した古今東西の建築物の表情(=造形意図)を読み解くことに没頭し、職人達による手業の痕跡を発見しては、職人達の苦労や工夫を想像して、大いに楽しんでいます。

この研究がかなえる未来

建物を形容するとき、「コンクリートの家」や「木の家」「石造りの家」「土の家」など材料名を冠することが多いです。材料の品質や性質が有する一般イメージを、建物の性能にオーバーラップさせて表現しています。「コンクリート」と形容すると、固い、頑丈な、冷たい、人工的などの意味を、「木」と形容すると、柔らかい、温かい、自然的などの意味を、建物の性能に見立てています。材料による建物の表層テクスチャを、建物による空間の本質や個性に直結し、その見立てた個性の良し悪しから、魅力の強弱度合いを判断しています。建物やたたずまいの魅力=文化価値の創出・保全に役立ちます。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content