OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

応用化学科 微粒子材料化学研究室


高分子微粒子を用いて作製した機能性フィルムの電子顕微鏡写真
私の所属する微粒子材料化学研究室では,ソフトマテリアル、つまり、柔らかい材料の研究を推進しております。ソフトマテリアルとは、プラスチック,ゴム、繊維、コロイド,ゲル,液晶,そして、たんぱく質、DNAなど我々の体を形成する生体高分子などの柔らかい材料のことです。このような材料は、医療、食品、情報、塗料、接着・粘着、化粧品等、幅広い分野で重要な役割を果たしています。


高分子微粒子を用いて作製した機能性フィルムの電子顕微鏡写真

主な研究テーマ

  • 微粒子安定化分散系(エマルション、泡、リキッドマーブル)の安定性制御
  • 微粒子安定化分散系(エマルション、泡、リキッドマーブル)をプラットフォームとする機能性材料の創出
  • 機能性微粒子の創出

指導教員

藤井 秀司 教授 (フジイ シュウジ)

専門分野

  • 高分子コロイド
  • 高分子化学
  • 界面コロイド化学

教員メッセージ

ソフトマテリアル(柔らかい材料)は、ハードマテリアル(硬い材料)では達成できない、柔軟性、刺激応答性を備えた力量ある材料だと言えると思います。アイデア次第で、新しい研究分野を切り拓くことのできるソフトマテリアルの研究に飛び込んでみませんか。きっと、わくわくする刺激的な世界が待っていると思います。

在学生メッセージ

「緊張と緩和」をモットーにした研究室です。実験を行うときは集中して、遊ぶときは楽しく!海外からも研究者を受け入れ、常に世界を意識して教育、研究活動を行っています。得られる研究成果を、論文発表、学会発表、特許申請などを通じて社会に還元し、人間生活の質の向上につなげたいと強く考えています。自分を成長させたい学生さん、ウェルカムです。

この研究がかなえる未来

既存の材料では達成できない優れた機能を有する高分子材料の創出、さらにその機能発現のメカニズムの解明を目指しております。エネルギー、環境、医療をはじめ、塗料、接着/粘着、化粧品等の分野で、革新的な材料が生み出されることが期待できます。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content