OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

機械工学科 伝熱工学研究室


熱物性の測定
原子力産業における炉工学において、熱負荷による熱応力を緩和する構造材料として傾斜機能材料(FGM)の発展が期待されています。また、航空宇宙産業における材料工学において、炭素材料は高温で使用する構造材料として発展が期待されています。これらの材料は、高エネルギー負荷操作を行う必要性があるエネルギー機器に使用され、高温域における電気物性と熱物性の温度依存性に関する情報が必要不可欠です。そこで、当研究室では、誘導加熱を応用する電気伝導率と温度伝導率の同時測定法を開発し、熱負荷時における両物性値の温度依存性を研究しています。


熱物性の測定

主な研究テーマ

  • 傾斜機能材料の熱物性に関する研究
  • 炭素繊維強化炭素複合材料の熱物性に関する研究
  • 高温域における熱物性値測定法の開発
  • 電磁力を応用した電気物性と熱物性の同時測定法の開発

指導教員

松島 栄次 准教授 (マツシマ エイジ)

専門分野

  • 熱工学
  • 熱物性
  • 伝熱工学

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content