OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

都市デザイン工学科 社会資本計画研究室


参加者間での議論を通じて創造的な解決のアイデアを探します
日本では、高齢化が進み、住民一人ひとりが持つ価値観が多様化し、成熟型社会へと転換が進んでいます。道路、鉄道、空港、公園・緑地などの社会資本は人々のくらしや産業を支える重要な施設です。それらは将来の住民の生活環境や経済基盤を支えるため、行政だけでなく、住民の皆さんが参加して、様々な提案や議論が行われますが、社会的に合意を形成することが困難なケースも発生します。本研究室では、協働でまちづくりを行っていくための枠組みの開発や、都市が抱える課題の解決に向けた効果的なアプローチについて工学的手法を用いて検討しています。


参加者間での議論を通じて創造的な解決のアイデアを探します

主な研究テーマ

  • 災害時の避難に資する情報提供に関する研究
  • 老朽マンションなどの更新マネジメントに関する研究
  • 都心部での自転車利用に関する研究
  • 政策形成過程における調整役の機能に関する研究
  • 道の駅を核とした地域活性化施策に関する研究

指導教員

山口 行一 准教授 (ヤマグチ ユキカズ)

専門分野

  • 都市・地域計画学
  • 交通計画学
  • 測量学

在学生メッセージ

僕は、大学の講義で、まちの将来を考えて必要な施設を計画し整備することが重要と学んで、計画に興味を持ちました。研究室では、より良いまちづくりのお手伝いができるように研究に取り組んでいます。具体には、自分が考えるまちの課題を解決するために、必要な調査を考えて、要因を分析したり、改善案を検討したりします。構造物を作るハードだけでなく、人の行動を変えるような仕掛けも考えたりします。皆さんも、僕たちと一緒にまちについて考えてみませんか。(学部4年次生・男性)

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content