OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

建築学科 構造第4研究室


大変形域における鋼柱の局部座屈
本研究室では、鉄骨造建物を主な対象に、地震などの外乱に対して安全で快適な建築空間を構成するための理論・設計法を構築することをメインテーマとしています。その手法として、破壊現象を把握するための載荷実験や、地震時の揺れを把握するための数値シミュレーションを行います。特に注力しているテーマは、想定を超える大地震に対して建物が完全に倒壊するまでの挙動を把握し、それを防止するための設計技術を構築することです。


大変形域における鋼柱の局部座屈

主な研究テーマ

  • 鋼構造建物の倒壊挙動に関する地震応答解析
  • 角形鋼管柱の局部座屈による耐力劣化性状
  • 鋼構造各種柱脚形式の耐力劣化性状
  • 履歴型ダンパーを用いた制振構造の地震応答低減効果に関する研究

指導教員

向出 静司 准教授 (ムカイデ セイジ)

専門分野

  • 建築構造

教員メッセージ

本研究室では、鉄骨造建物を主な対象として、耐震設計に必要な理論を学びつつ、破壊実験や数値シミュレーションを用いて最新の構造技術について研究しています。破壊実験では、破壊を防止するための設計技術を構築するために、鉄やコンクリートでできた建物のパーツに大きな力を加えて破壊します。目の当たりにすると、とても迫力があります。建物全体の実験は難しいので、地震時の揺れを把握するためには、コンピュータを用いてシミュレーションすることも行っています。両方を経験することで、建築構造に対する理解が深まり、エンジニアとして鍛えられます。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content