OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報知能学科 画像処理研究室


研究成果一覧
明暗が激しい,照明色が頻繁に変わるなど,撮影環境として過酷なシーンから有用な情報を取り出し,監視や車載カメラ,医用画像,天文画像,ひび検知など様々な分野に対して応用する技術に関して研究を行なっています.

人間の目ではしっかり見えているのに,カメラを通すと黒く潰れてしまったり,反対に白く飛んでしまったりして撮影できない場合があります.これは撮影シーンの持つダイナミックレンジが,カメラの撮影できる範囲を超えてしまっているためです.(カメラはおよそ70dB,人間の目は80dB程度と言われています)

従来のディジタル画像では明暗が激しく広いダイナミックレンジを持ったシーンの輝度情報を保持できないため,ハイダイナミックレンジ画像と呼ばれる高品質画像を用いた画像処理技術が必要となります.現在,私たちは 30bpp 以上の高いビット深度を持ち,120dB以上の広いダイナミックレンジの輝度情報を保持できるこのハイダイナミックレンジ画像に関して特に研究を行なっています.


研究成果一覧

主な研究テーマ

  • 微細特徴の可視化及びロバストな物体識別
  • カラー照明下における人の色見え再現
  • 照明色変化にロバストな物体追跡
  • 単一画像を用いた複数の照明光色推定

指導教員

神納 貴生 講師 (ジンノウ タカオ)

専門分野

  • 画像信号処理
  • 医用画像処理
  • 画像情報可視化
  • ハイダイナミックレンジ画像処理

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content