OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電子情報システム工学科 情報通信研究室


ソフトウエア無線キットUSRPを使い無線伝送実験に取り組んでいる学生
21世紀の高度情報化社会の代表はIoT(Internet of Things, もののインターネット)です。即ち、全ての個人だけではなく、ありとあらゆるものもインターネットで接続されて、「いつでも、どこでも、誰とでも、どんな情報でも」通信可能となります。携帯電話や無線LANをはじめとする無線通信はIoTの実現に欠かせない技術です。しかしながら、移動、携帯通信や無線LANは通信路の電波伝搬環境が劣悪であり、超高速通信の品質が著しく劣化します。一方、アドホック/マルチホップ無線は無線端末同士の自律分散制御によりネットワークを柔軟、迅速かつ簡単に構築でき、車間、臨時、緊急や軍事時の通信手段確保に役に立つと考えられ、これから大いに発展する分野です。本研究室では、移動通信、無線LAN及びアドホック/マルチホップ無線ネットワーク分野において、IoT社会の実現寄与することを目的として、特に通信方式を重点に様々な角度から研究を進めています。


ソフトウエア無線キットUSRPを使い無線伝送実験に取り組んでいる学生

主な研究テーマ

  • 次世代高性能マルチホップ無線ネットワークに関する研究
  • 適応型OFDM伝送方式に関する研究
  • ニューラルネットのデジタル無線通信への応用に関する研究
  • アドホックMIMO通信方式による高度移動無線ネットワークに関する研究

指導教員

周 虹 教授 (シュウ コウ)

専門分野

  • 移動・ワイヤレス通信
  • ディジタル無線通信
  • 無線ネットワーク

教員メッセージ

かつて日本の情報通信技術は世界を凌駕し、関連製品は世界を席巻しました。しかし、現在その勢いは少し失っています。皆さんは是非我々の大学に進学し、私どもの研究室で最先端の情報通信技術を学び、近い将来、日本の情報通信産業の輝きを取り戻すことに貢献しましょう。

この研究がかなえる未来

我々の研究している無線通信技術はIoTをはじめ、スマホン、ビックデータ、クラウドコンピューティング等、 これからの高度情報化社会に欠かせない先端IT技術を裏で支えています。我々の技術を利用すれば、例えば大震災後に携帯電話の基地局が倒壊しても、手持ちのスマホン端末ですぐに通信ネットワークを構築し通信手段を確保できます。また、複数台のロボットが互いに連携しながら、生産作業に取り込み、或いはサッカーをプレイすることもできます。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content