OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報知能学科 知能応用システム研究室


知能応用システム研究室で対象とする研究テーマ
近年、交通・物流、監視・管制・指揮等の分野では、ネットワーク化(IoT:Internet of Things、等)が進み、より複雑で大規模なシステムとなりつつあると同時に、AI(人工知能)技術の適用により、システムの自動化および高性能化も推進されています。このようなシステムでは、状況を正確に『認識』し、将来の状況を高速に『予測』して、「実行」に移すことが求められます。当研究室では、AI技術を駆使し、『認識』に関しては、機械学習(ディープラーニング等)や最適化技術等を、『予測』に関しては、マルチエージェントを主対象としたモデリング&シミュレーション技術や、並列処理による高速化技術等を利用することで、これらの課題解決に向けた研究を行っています。


知能応用システム研究室で対象とする研究テーマ

主な研究テーマ

  • 実世界の社会システム(交通等)を高精度に模擬するためのモデリング&シミュレーションに関する研究
  • 機械学習(ディープラーニング等)や最適化技術を利用した認識精度向上や最適スケジューリングに関する研究
  • 社会システムの解析・設計・制御や、有事(災害時等)の際の意思決定に資する研究
  • 並列処理技術を利用したシミュレーションの高速化に関する研究

指導教員

尾崎 敦夫 教授 (オザキ アツオ)

専門分野

  • マルチエージェント向けモデリング&シミュレーション
  • 自律分散協調
  • 人工知能
  • 並列処理
  • 最適化(ヒューリスティクス)

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content