OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電子情報システム工学科 機能システムデバイス研究室


クリーンルームで研究している様子
本研究室はクリーンルームを有するナノ材料マイクロデバイス研究センターを利用して、様々な方法(分子線エピタキシー法、スパッタ法、溶液塗布法、ミスト化学気相成長法)で機能性材料を成膜し、デバイスへ応用する研究を行っています。それによって、例えば病気の早期発見に役立つウェアラブルなバイオセンサーや環境汚染ガスの検出に役立つガスセンサーの開発を進めています。


クリーンルームで研究している様子

主な研究テーマ

  • 拡張ゲート電界効果トランジスターを用いたグルコースセンサーの開発
  • 単結晶酸化タングステン薄膜の作製とエレクトロクロミックデバイスの開発
  • 溶液塗布法による酸化タングステン薄膜の成膜とガスセンサー応用
  • ハフニウム・ジルコニウム酸化物薄膜の成膜と抵抗可変型メモリー応用

指導教員

小池 一歩 教授 (コイケ カズト)

専門分野

  • 機能材料
  • 薄膜成長
  • 機能デバイス
  • センシング技術
  • バイオセンサー

教員メッセージ

私たちの周りにはタブレットPCやスマートフォンなど様々な電子機器があり、それらが人々の日常生活を豊かにしています。全ての電子機器に半導体をベースとする電子回路が組み込まれており、新しい材料やデバイスの発見が新製品の誕生に繋がります。本研究室では、次世代を見据えて、機能材料の創製から機能デバイスの試作まで一貫して行っています。

在学生メッセージ

当研究室では世の中にない新材料を人工的に創製する技術を開発し新しい材料物性を探索しています。さらに、新材料を用いてIoT産業を支えるキーデバイスであるセンサーへ応用する研究を行っています。例えば、呼気や汗などに含まれる健康指標マーカーをその場で瞬時にセンシングするバイオセンサーや、食品劣化や大気汚染を高感度でセンシングするガスセンサーなど、第四次産業革命に貢献する革新的デバイスの実現を目指しています。

この研究がかなえる未来

我々が開発しているバイオセンサーが実現すれば、いつでもどこでも手軽に自分の健康状態をチェックできるようになり、病気の早期発見や予防に役立てることができます。また、環境汚染ガスを高感度検出できるガスセンサーが実現すれば、安心・安全な生活環境の実現に役立てることができます。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content