OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

応用化学科 有機高分子研究室


アミンをインターカレートしたリン酸ジルコニウムを添加したエポキシ樹脂左:硬化反応前 右:熱硬化反応後
有機高分子研究室では、高分子合成をベースにいろいろな合成反応に取り組んでいます。例えば無機層状化合物の緻密に制御されたナノレベル層間内に、反応活性な有機物を閉じ込め、その空間を利用した反応等を行っています。この技術をもとに新しい材料の開発に取り組んでいます。


アミンをインターカレートしたリン酸ジルコニウムを添加したエポキシ樹脂左:硬化反応前 右:熱硬化反応後

主な研究テーマ

  • アミン類をインターカレートしたリン酸ジルコニウムを潜在性触媒として用いるエポキシ樹脂の硬化挙動
  • 無機層状化合物へのゲスト分子のインターカレート挙動に関する研究

指導教員

下村 修 准教授 (シモムラ オサム)

専門分野

  • 高分子合成化学
  • 有機機能材料

教員メッセージ

持続可能な社会を実現すべく、化学の面から何らかの貢献ができればと思っています。化学技術を支える技術者となることを、ぜひとも目指してください。

在学生メッセージ

当研究室では、高分子合成を中心に研究を行っています。近年、効率的で廃棄物を削減する化学合成技術は重要な課題となってきています。有機高分子研究室では、環境への負荷を軽減する「グリーンケミストリー」を意識して日々、研究を行っています。研究は分からないことばかりですが、成果が出ると達成感があり、研究の醍醐味を味わうことができます。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content