OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

応用化学科 認識化学・物性解析研究室


体内では、人間が生きていくうえで欠かすことのできない重要な役割を、金属イオンが果たしています。そのため、金属イオンを測定しバランスの崩れを調べて体内の障害を診断することが、生体機能を見守るために重要であると言われるようになっています。当研究室では、「目的のイオン・分子だけを認識・識別する化合物」を設計・合成しています。つまり、ある特定のイオン・分子を選択的に捕まえるピンセット分子・ディスク分子・カプセル分子を作っています。また、光・熱や試薬などによる刺激を外部から与えることによって機能性が変化する認識化合物の創製にも取り組んでいます。
さらに、実用的な化学センサーとしての活用を目指し、実際に用いられているイオン選択性電極や蛍光プローブとしての性能評価や物性評価を行っています。


主な研究テーマ

  • 分子認識特性を有するTriquinoline 誘導体の創製
  • 核磁気緩和現象を利用するイオン選択性電極膜の新規な物性評価法の開発
  • 外部刺激応答型蛍光センサーの開発
  • アミノ酸やオリゴペプチドを用いるイオンセンサーの開発

指導教員

森内 隆代 教授 (モリウチ タカヨ)

専門分野

  • 認識化学
  • 化学センサー
  • ケミカルセンシング
  • 物性評価

教員メッセージ

当研究室では、研究生活を通して、一人ひとりの『何?』『なぜ?』『どうすればいい?』『やってみよう』『調べてみよう』という姿勢を磨き・培ってゆきます。
“これをしなさい”と言われた事をやることは、しんどいかもしれませんが実は簡単な事なのです。社会人となっても、学んでいない事やこれまでやったことのない事でも、また、どのような仕事に対しても、『やりますよ』と取り組むことができる、つまり、未知の仕事をできるだけ抵抗なく積極的に取り組むことができる人材となることが、当研究室の研究生活の目標です。

この研究がかなえる未来

金属イオンは、生体内で、ホルモンバランスや代謝などに大きく関与しています。例えば、亜鉛イオンは、蛋白質の構造保持や、神経伝達や記憶に関する部分と密接に関係していることが分かってきました。
当研究室で創製している化合物は、特定イオンのみを認識し、蛍光発光や電位応答で知らせてくれます。つまり、このケミカルセンサーの研究は、生体細胞内のイオンのリアルタイム測定へと展開でき、将来的にはまだ明らかになっていない生体機能の解明に繋がってゆくと期待されています。

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content