OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

応用化学科 超分子研究室


インターロック化合物の一例
ロタキサンやカテナンなどに代表されるインターロック分子は、分子間に生じる超分子相互作用を介して互いに絡み合い固定化した興味深い構造を有しています。近年の有機分子合成技術の発展に伴って多種多様なインターロック分子が合成されており、分子シャトル、分子マシン、分子スイッチ、分子ローター、などへと応用されています。我々は、インターロック分子の特徴的な動的挙動や3次元構造を有効利用して、分子スイッチ、分子センサー、分子認識素子へと応用すべく新規インターロック分子の開発研究を行っています。


インターロック化合物の一例

主な研究テーマ

  • 外部刺激に応答するロタキサンの合成と物性
  • クリプタンド型ロタキサンによるイオンセンサーへの応用
  • 酸化還元能を有するロタキサンによる分子スイッチの開発

指導教員

村岡 雅弘 教授 (ムラオカ マサヒロ)

専門分野

  • 構造有機化学
  • 機能有機化学

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content