梅田キャンパス

梅田が知の集う場所になる。

OIT梅田タワー

梅田の場所に根ざし、この地域を盛り上げていく。ともに未来へ歩みを進めていく。
そんな意思と願いを込めて、「梅田」の地名を名称に用いました。
また、関西では最も高い※地上125m、21階建ての高層キャンパスから、タワーと名付けています。
OITとは「Osaka Institute of Technology」の略称です。
2017年4月、それまでに工学部空間デザイン学科、ロボット工学科に入学した学生は、
梅田キャンパスに学びの舞台を移します。※2016年12月現在

すべての人に開かれたキャンパス

キャンパスを象徴する3つのコンセプト【ROBOTICS×DESIGN】新しい時代を創造するイノベーション創出甚大の育成拠点 【INNOVATION】 人のため、未来のための最新のテクノロジーとデザインが融合する拠点 【OPEN】常に開かれた。知の交流拠点。

大阪の中心地、JR大阪駅、阪急梅田駅のすぐそばに、
大阪工業大学の新キャンパスが誕生します。
地上21階、地下2階建の最新のキャンパスで新しい学びが始まります。

【階数】地上21階・地下2階 【高さ】125m
【1~4、21階】地域開放型にぎわいエリア(コンベンションホール、レストランなど) 【6~20階】大学施設
【延べ床面積】31,289.88㎡ 【工事工程】2014年3月着工/2016年10月竣工(工期32ヶ月)

CAMPUS GUIDE

21F レストラン 1F エントランスギャラリー 2F セミナー室 3F・4F ホール 6F ラーニングコモンズライブラリーエリア 8F ロボティクス&デザインセンター 9F イノベーションラボ 10F・11F 講義室 15F・16F 学生実験室・準備室 17F デザインスタジオI~IV 21F レストラン C H G I D I F E J B I C A

1F-4F,21F にぎわいエリア

エントランス・ギャラリー(1F)

Aエントランス・ギャラリー(1F)

サイネージシステムなどによって、大阪工業大学の「今」を常に発信します。

常翔ホール(4F)

B常翔ホール(4F)

コンベンションホールは、講演会や学会のほか、音楽イベントにも利用可能です。 【収容人員】 ・テーブル席:554席 ・メモ台席:18席 ・車いす席:4席 計576席

Cキャンパスレストラン&ストア

シンガポール最大のオイスターバー・ブランド「Wharf(ワーフ)」が西日本初出店。テラス席を配した展望イタリアンレストランなど、4店舗が入ります。

フロア 店名 営業時間 定休日
1F Oysterbar WHARF
(オイスターバー ワーフ)
【月~木】 【金土日祝】
モーニング 7:00~11:00 7:00~11:00
ランチ 11:00~15:00 11:00~15:00
ディナー 18:00~23:00 17:00~24:00
不定休
(12/31、1/1は休み)
セブンイレブンOIT梅田タワー 24時間 年中無休
2F Eggs 'n Things
(エッグスンシングス)
9:00~21:00 不定休
21F リストランテ翔21
<朝昼:菜の花食堂>
17:30~22:30
<朝昼:8:00~15:30>
12/30~1/4

6F-9F ~イノベーションエリア~

Dロボティクス&デザインセンター/イノベーションラボ(8F、9F)

すべての人が豊かに暮らせる社会を実現する「イノベーションを創出できる人材」の育成拠点です。独創的な発想と国際感覚により、「ロボティクス」をあらゆる生活空間に生かすとともに、「デザイン思考」によりイノベーションを創出。少子高齢社会に活力をもたらす新しいライフスタイルを提案します。日々新しいことが生まれる都心において、産業界や海外有名大学との連携のもと、これまでにない教育研究活動を展開していきます。

緑のライブラリーエリア(6F)

E緑のライブラリーエリア(6F)

電子書籍の閲覧、貸出システム、情報端末の充実など、デジタル化を推し進めた図書館を備え、緑豊かな野外テラスから梅田の街を望むことができます。

ラーニングコモンズ(6F)

Fラーニングコモンズ(6F)

2層吹き抜け大空間のラーニングコモンズは、学生の自発的な学修の場。各種最先端の技術やアイデアを持ち寄り発信する、新たな価値創造のための知のにぎわい空間です。

10F-20F ROBOTICS/DESIGNエリア

学生実験室

G学生実験室

ロボット工学科、システムデザイン工学科の学生活動の拠点です。オープン空間においてさまざまなコラボレーションが発生することで、イノベーションを起こし、新たな価値創造が実現します。

デザインスタジオ

Hデザインスタジオ

空間デザイン学科の学生活動の拠点。学年を超えた刺激や融合を起こすため、デザインワーク、模型作成など多目的な活用の場として、1年次~4年次まで全学年が一堂に会するスタジオです。

デザインファニチュア

Iデザインファニチュア

空間デザイン学科の学生によって、オリジナル家具をデザインするプロジェクトが進行中。講義室、セミナー室などのチェアとして使用します。

天然木スペース

Jラーニングコモンズ(6F)

連携協定を締結している奈良県川上村の天然木を使用し、インテリア空間をコーディネート。木の温もりを随所で感じることができます。

環境に配慮したキャンパス

環境に配慮した、省CO2キャンパス。

国土交通省の「住宅・建築物省CO2先導事業」にも採択されたエコキャンパス。その環境技術を目のあたりにできる、一般の方が参加可能なエコツアーを実施する予定です。

地域の防災拠点となる最新の耐震構造。

建物に伝わる地震エネルギーを吸収し上層階の揺れを制御。災害レベルに応じた最新の耐震構造を備えた建物です。

省CO2アイテム断面イメージ
省CO2アイテム断面イメージ
ゼロ・エネルギー制御
  • ・ZESの計量計測監視
  • ・省エネルギー信号制御
  • ・スマート制御盤
サスティナブル・BLCP
  • ・マイクロコージェネレーション
  • ・非常用発電連系太陽光発電PCS
  • ・ハイブリッド蓄電池システム
  • ・BLCPモード切替制御システム
  • ・非常時自然外気導入システム
見える化と情報発信灯
  • ・エネルギーの見える化
  • ・需給予想システム
  • ・環境予報と情報発信灯
環境教育と都心型エコツアー
  • ・最先端を「見て」「感じて」「学ぶ」ことのできる体験型教育
  • ・省CO2とひとの集まる梅田のまちを結びつけるエコツアー
  • ・社会人・生涯学習プログラムと連携した環境知識の創造と人材育成
立体的ヒートアイランド抑制
  • ・敷地内の常翔の杜は地域にも開放ヒートアイランド抑制効果を地域に普及
  • ・大学エリア6階屋上は森の図書館とし多種多様の樹木により、樹種や樹木の温熱環境効果について実学
外装材一体型太陽光発電
  • ・日射遮蔽庇兼用太陽光発電パネル
エコロジカルスキン
  • ・太陽集熱・自然通風対応ターミナルユニット
  • ・ダブルスキン連動カスケード制御
  • ・超高断熱ガラスカーテンウォール
リアル・アピアランス照明制御
  • ・明るさ感予測と補正による照明制御
  • ・LED照明配光の創意工夫
  • ・天空照度によるブラインド制御
  • ・センシング人感制御
知的創造空間とモジュール空調
  • ・放射冷暖房パネル
  • ・床下インテリジェントVAV
  • ・ヒートパイプ式ハイブリッド空調
熱源群の最小CO2運転制御
  • ・地中熱利用対応水冷モジュール
  • ・アースチューブと床放射空調
  • ・最適化アルゴリズムに基づく運転制御
常翔の杜
常翔の杜
北側外観
北側外観

CAMPUS GUIDE

PageTop