1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 大学概要:学長からのメッセージ

大学紹介

学長からのメッセージ

教育力、研究力、発信力を高め、創立100周年の先に飛躍する基礎固めを 学長/工学博士 西村 泰志

 2016年度に本学の卒業時における質保証の取り組みが、国の大学教育再生加速プログラム(AP)に関西の私立大で唯一選ばれました。2019年度はそのプログラム構築期間の最終年度で仕上げの年です。学生に基礎学力や基本的知識がなければイノベーションを生み出すこともできないわけで、2019年度は全学でこの取り組みを更に進めます。2018年度の「全国240大学実就職率ランキング」(大学通信)で本学は全国4位(97.0%)でしたが、その背景にはこうした教育力の高さがあるのです。
  研究力に関しては、地域企業の新製品や新サービスの開発をサポートする「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」が2017年11月に文部科学省の「平成29年度私立大学研究ブランディング事業(タイプA【社会展開型】)に採択されたほか、2018年8月の「イノベーション・ジャパン2018」で本学の研究が全国最多の13件採択され、先進的な研究者が多いことを示しました。2018年9月には独自に「イノベーションデイズ2018」を梅田キャンパスで開催し、200件超の研究・技術シーズを展示しました。今後もこうした研究力を発信する試みを強化します。教員の研究力を高めるためには、それを支える学生のレベルアップも不可欠で、全学で大学院への進学率向上の努力を進めます。
  また、開設3年目の梅田キャンパスの認知度を上げ、本学全体の発信拠点として活用を推進します。昨年同キャンパスに大阪商工会議所と共同設置した都心型オープンイノベーション拠点「Xport(クロスポート)」では産官学民の連携が進み、学生が企業から出されるリアルな課題に取り組む場に育っています。地の利を生かした社会人向けの学び直しの拠点作りを目指します。
  2019年度は、2022年の学園創立100周年の先の125周年まで見据え、教育と研究の両面で飛躍する基盤固めの年にしたいと思います。関係各位の厚いご支援をお願い申し上げます。
 

(2019年4月)

ページの上部へ

大阪工業大学