1. トップページ
  2. 大学紹介
  3. 大学概要:学長からのメッセージ

大学紹介

学長からのメッセージ

“豊かな感性”を備えたプロフェッショナルを育成 学長/工学博士 益山 新樹

 エネルギー資源が乏しく、食料自給率も決して高くないわが国の将来は、最先端のものづくりができる人材、情報ネットワーク社会で活躍できる人材、そして、知的財産を守ることができる人材の育成にかかっている、と言っても過言ではないでしょう。今年、大学創立70周年という一つの節目を迎えた大阪工業大学は、今日までの歴史の中で、その役割を担ってまいりました。「世のため、人のため、地域のため、理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人を育成する」という本学の建学の精神は、今も教育研究の基点となっています。とくに最近5年間は、新たな全学的な取組を通じて「教育力」ならびに「研究力」の向上に注力してまいりました。
 すなわち、2016年度・文部科学省の大学教育再生加速プログラム(AP)に、本学の「卒業時における質保証の取組の強化」が関西私立大学の中から唯一選ばれ、今年度は最終年度を迎えております。これまでの成果として、全教職員はもとより学外の多様な人材との協働による学生支援を充実させることができ、社会のニーズに適う“大阪工大質保証(卒業時における質保証)”が達成されつつあります。この教育力強化の取組は、学生にとっても夢や目標の実現に向かうための道標(みちしるべ)となっており、2019年度「全国240大学実就職率ランキング」(大学通信)において、本学は全国の国公私立大学の中で第3位(97.4%)という実績を挙げました。
 研究力強化については、文部科学省「2017年度私立大学研究ブランディング事業・タイプA【社会展開型】」に、本学の「地域産業支援プラットフォーム(OIT-P)」が採択され、本学が得意とする「ナノ材料」「ロボティクス&デザイン」「知的財産」などの研究コンテンツを、大阪産業技術研究所ならびに大阪商工会議所との連携を基盤に、梅田・大宮・枚方の3つのキャンパスから大阪のものづくり企業に発信しております。また、今年8月に東京で開催された「イノベーション・ジャパン2019」では、「大学等シーズ展示」において本学から過去最多の22件の研究成果が採択(全国大学2位)され、その研究力の高さを目に見える形で内外に示しました。
 これらの取組は、本学が掲げている「社会・時代の要請に応え、専門学術の基礎と実践的応用力を身に付けるとともに、広い視野と豊かな人間性を涵養し、新しい知的・技術的創造を目指す開拓者精神にあふれた、心身ともにたくましい専門職業人を育成する。」という教育の理念に磨きをかけるものです。本学は、今から30年後の大学創立100周年に向けて、文理融合の知識を身に付けた専門職業人、言い換えますと「“豊かな感性”を備えたプロフェッショナル」を社会に輩出するべく、これからも時代を先取りする教育研究体制の改革整備を進めてまいります。ご関係各位のご理解とご支援をお願い申し上げます。

教授/工学部応用化学科 機能物質合成研究室 (2019年11月1日)

ページの上部へ

大阪工業大学