OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

専門職大学院

知的財産研究科 村川教授室


Welcome to Murakawa Lab.
 近年、市場経済のグローバル化に伴い、中国を始めとするアジア諸国やBRICSに代表される新興国における企業活動が活発化してきています。このため、企業活動における特許や商標、ノウハウ、さらには技術標準など知的財産の保護と活用への取り組みは、一段とその重要性が高まっています。
 本研究室では、アジア知的財産制度の比較研究や知的財産スタンダード戦略、知的財産の価値予測について研究を行っています。あわせて、産業技術の要素基礎の一つであるエレクトロニクスや電気電子に関する教育のみならず、その特許技術の調査・分析について研究も行っています。さらに、学生や院生による企業の保有する知的財産の新たな活用に関する研究も行なっています。


Welcome to Murakawa Lab.

主な研究テーマ

  • アジア知的財産法制度に関する比較研究
  • 中国における知的財産の保護と活用に関する研究
  • 知的財産スタンダード戦略に関する研究
  • 知的財産の価値評価と信頼性に関する研究
  • 学生・院生による企業の知的財産活用支援に関する研究

指導教員

村川 一雄 教授 (ムラカワ カズオ)

専門分野

  • アジア知的財産法の比較研究
  • 知的財産スタンダード戦略によるビジネスモデル
  • エレクトロニクス知財教育
  • 知的財産の価値と信頼性の推定
  • EMC(雷・過電圧防護、ノイズ対策、電気保安・人体安全)

教員メッセージ

近年、経済活動がグローバル化し、特に、アジア諸国におけるイノベーションが活発化しています。このため、グローバルに活動する企業が世界市場で勝つためには、自身のアイデアやノウハウなどの知的財産を適切に保護し、活用することが重要となっています。このため、アジア諸国と日本の知的財産制度のみならず、文化・商習慣・産業政策などの違いを理解するグローバルな視野が必要です。

在学生メッセージ

グローバルな企業活動を行う場合、競争企業を含めた膨大な知的財産の情報を把握・分析する必要があります。現存する膨大な知的財産は複雑に絡み合い、複雑な知的財産の網(IPネットワーク)を構成しています。当研究室では、アジア・新興国の知的財産法制度の比較研究を通して、企業が取るべき知的財産戦略の立案とその実施における判断ができる分析力と考察力を得ることができます。

この研究がかなえる未来

本研究室では、知的財産の観点から、企業が進むべき活動の方向性を経営層にも指し示し、かつ、激しい競争の中で独創性を維持しながら継続的にイノベーションを支援できる知的財産技術者を社会に輩出することを狙っています。今後、さらにグローバル化する世界経済において、知的財産技術者の無い世界はあり得ないと言っても過言ではありません。

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content