OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

工学部

電気電子システム工学科 プラズマ物性工学研究室


滅菌用プラズマ装置とプラズマおよび滅菌テスト用バイオインジケータ
プラズマは蛍光灯や空気清浄機など身近な家電製品をはじめ、核融合発電や半導体製造装置などでも使用されており、様々に開発研究が進んでいます。近年、食用野菜の栽培に使う種子や、歯科治療や外科手術に用いる医療器具の滅菌にプラズマを用いる技術が開発されています。プラズマ滅菌は、有害な物質を排出することなく、かつ低温で処理できる点で優れています。本研究室では人と環境に優しいプラズマ滅菌装置の作成および滅菌メカニズムの解明に取り組んでいます。


滅菌用プラズマ装置とプラズマおよび滅菌テスト用バイオインジケータ

主な研究テーマ

  • 種子表面滅菌用高周波放電プラズマの生成と滅菌特性の研究
  • 有限要素法数値シミュレーションを用いた微粒子プラズマのモデリング
  • 大気圧誘電体バリア放電が生み出す流れ場の可視化実験

指導教員

眞銅 雅子 講師 (シンドウ マサコ)

専門分野

  • プラズマ滅菌
  • 微粒子プラズマ
  • 表面物性

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content