OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

ロボティクス&デザイン工学部

ロボット工学科 ネットワーク・ロボット研究室


開発中のロボット
情報ネットワークを利用したロボットが、皆さんの生活のパートナーになることは、現在のみなさんのスマートフォンの利用と同じぐらいに近い将来一般的になります。しかし、それはロボットにすべて任せることではなく、ロボットをうまく使える力。つまりソフトウェアを使ってロボットを思うように活用するアイデアや知識がカギとなります。ロボットのソフトウェアをどのようにつかうと自分の力を増幅できるかを身にけましょう


開発中のロボット

主な研究テーマ

  • ネットワークロボットの運動、動作の計画ソフトウェア
  • レーザーレンジセンサーのよるロボット環境地図生成とその応用
  • ロボットの行動のための3次元データの可視化

指導教員

井上 雄紀 教授 (イノウエ ユウキ)

専門分野

  • 自律移動ロボット
  • センサによる3次元空間のモデル化
  • 3次元データの可視化
  • 医用画像データの3次元可視化
  • 医用画像を利用したロボットのナビゲーション

教員メッセージ

当研究室ではつくばチャレンジ、ロボカップ@HOMEリーグなどを通して実践的なロボットの開発を行います。実世界を相手に皆さんの実現力を高めましょう。年間に10回ぐらいロボットを走らせるチャンスがあることに魅力を感じる人是非来て下さい。

在学生メッセージ

研究室の大学院の先輩とともにつくばチャレンジ、ロボカップ@HOMEリーグなどを通して実践的なロボットのソフトウェア技術を学びませんか。実世界を相手にロボットを動かすためのソフト、ネットワークプログラムを協力して開発していくとこれまでには思いもしない様々なアイデアがでわきますよ。

この研究がかなえる未来

人は人と共に暮らし助け合っています。人間に代わるのではなく、人間同士の関わりに加えてそこにロボットも活用することでより快適な暮らし方ができるとすれば何が必要か?そういう人+人を人+人+ネットワークロボットとする未来を目指します

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content