OIT研究室ナビOIT研究室ナビ

大阪工業大学の最先端の研究を紹介大阪工業大学の最先端の研究を紹介

情報科学部

情報システム学科 経営システム研究室


生産スケジューリングのための遺伝的アルゴリズム(GA)の開発
 企業などのシステムでは、常に経営活動の効率化が求められています。そのためには、最も成果があがるための方法を探究し続ける必要があります。例えば、複数の機械で複数の仕事を処理するときに、どのような順序でそれぞれの仕事を進めれば最も都合がよいかなどです。生産システムや物流システム、教育システム等の問題点に対して、数理科学やコンピュータ・シミュレーションにより、その性質の解明や最適な方法を研究し知識を蓄えることで、企業の生産性の向上に寄与します。また、遺伝的アルゴリズムやタブー探索法等のメタヒューリスティクスを取り入れたプログラムの開発を行っています。


生産スケジューリングのための遺伝的アルゴリズム(GA)の開発

主な研究テーマ

  • メタヒューリスティクスと生産スケジューリング
  • 教育改善とIE
  • 生産設備の稼動率向上

指導教員

椎原 正次 教授 (シイハラ マサツグ)

専門分野

  • 経営工学
  • オペレーションズ・リサーチ
  • 経営システム学

研究室関連サイト

関連コンテンツ Content関連コンテンツ Content