1. トップページ
  2. 川上村での取り組み
  3. 川上村との連携協定と主な取り組み

川上村での取り組み川上村での取り組み

川上村との連携協定

本学と川上村とのつながりは、1998年から実施されている間伐材の有効利用や林業体験などに取り組むワークショップ「川上村木匠塾」の活動に建築学科の学生が参加したことから始まりました。また、2006年からは各学科の新入生オリエンテーションを川上村で実施し、村内各地で環境教育の実地研修に取り組みました。これらの事業を通じ連携の実績を積んできたこと、また、環境学に取り組む本学と「水源地のむらづくり」に取り組む川上村とは課題を共有できることから、2010年7月26日に「連携・協力に関する協定」を締結し、自然豊かな同村を舞台にさまざまな活動を展開しています。

詳細はこちら

主な取り組み

親子理科教室
地域行事への参加
川上村木匠塾

林業の集積地である川上村でリアルに木材に触れながら、建築を実践的に学べる場を設けようと展開されている「川上村木匠塾」に、工学部建築学科は1999年から参加しています。主な活動内容は林業体験、間伐材を使った作品づくりです。自らの手で木造の建築物を設計・施工する経験を通して、ものづくりの喜びと難しさを実感することができます。

2018年度 「山額」(7.6 MB)

2017年度 「斜交(はすか)い」(3.3 MB)

2016年度 「だん」(3.3 MB)

2015年度 「水舞」(2.6 MB)

2014年度 「半割リンク」(4.5 MB)

2013年度 「半割リズム」(1.4 MB)

2012年度 「川上村木匠塾2012」(8.9 MB)

2011年度 「川上村木匠塾2011」(1.2 MB)

2010年度 「川上村木匠塾2010」(1.2 MB)

川上村木匠塾

このほか、村民の方の本学イベント参加機会(施策紹介ブース出展等)を設け、交流を深めています。

TOP

ページの上部へ

大阪工業大学